上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京が戦場になった日 (03/15)






死ぬシーン、真っ赤な花弁散るみたいで綺麗だったな。






もんぺが似合う花奈ちゃん。
「日輪」「零戦」に続いて戦時モノ多いね。







朝倉さん、「トリック」ラストSPはいい役もらってたね。
ファンには悪いがこのシリーズおもしろいと思ったことなくて相変わらずしょうもなかったけど。
ほくろが一族の証として物語上使われてましたが色白朝倉さん自身にいっぱいあってしかも子役にまでわざわざ朝倉ぼくろ付けさせてたからなんかちょっとややこしいことになってたな。関係ないっていう。


あとジブリ絡みでバラエティやらいろいろ出てましたね。
朝倉さんはなんたってジブリヒロインですから!
保存版な素晴らしいドキュメンタリーもあって、良かったよ。



で、映画。
朝倉さんの出演作がぞくぞく公開。

「神様のカルテ2」、これもうやってんのね。
朝倉さん的には「1」同様ですかねー。
藤本泉には藤原竜也に絡む1エピソードちょっと用意されてたのだけど。

まぁ、いい映画でしたけどね。
星空のシーンの嘘臭さがなんとも。
「永遠の0」あたりで感動してる女の人には有効な泣きポイントなのでしょうか。

なんか石井裕也とか吉田恵輔とかそのへんの監督さんもこれからますます大資本で深川監督みたいにこういう毒にも薬にもならない映画を連発していくのかなぁとか思いながら観てました。

ってか、あおい様が同じ役すぎて前作と「舟を編む」がごっちゃになってしまってたよ。それどころか前作すっかり抜けちゃって「舟を編む」で上書きされてる感じ。
これまた似たような古民家に住んでんだよなぁ。美術に差異がなくて。
ドラマもそうだけど、この規模の日本映画のどれも同じ顔ぶれになる問題、だねぇ。

プロデューサーの手腕か、「舟を編む」はその配役のバランスが絶妙で完璧だったね。でも黒木さんはこれからはもう出すぎの、またか、っていう部類に入っちゃうな。



それと朝倉さんの映画もうひとつ、「白ゆき姫殺人事件」。こちらは来週より。
ワイドショーのアシスタントキャスター役ですね。
お隣の、生瀬さん演じるミヤネ風司会者の軽く心ない感じが良かったです。
朝倉さんは最後にお詫びシーンあったぐらいかな。

映画の方はサスペンスコメディ。結構笑いどころ多い感じになってましたよ。首吊るとこでも笑い入れてたからなぁ。

前半の綾野剛取材パートがちょいタルいかな。みんなそれぞれ自分の都合のいいように事実を捻じ曲げて喋ってる、ってやつだから繰り返しが多いんだよね。
井上真央ようやくご登場してからの後半のネタバラしパートはさすがに伏線の回収も過不足なくきれいにきっちりと、中村監督らしく見事。

ウリのtwitter社全面協力でSNSまわりリアルさこだわってるのかと思いきや、キボンヌとか出てくるのはどうなんだ。「電車男」時代のネット描写かよ。
あとアニメアイコンが居ないっていう。

1シーンの証言者でも主演クラスがばんばん登場するのはなかなか豪華やったね。
幼少期役のキャスティングも良かったので女児好きにもいいかと思います。かわいい。

いやー、菜々緒みたいな女居るよなー。
人のもの欲しがる。人が持ってるものを盗む癖のある奴ね。なんでも奪う。それも絶好のタイミングで巧妙に。これも世渡り上手というのかな。
好き真似。他人の好きなものを真似る。遠慮なく好き真似した方がなぜか褒められる。
ゾッとする。
なんか好き真似ばっかりの人って意味わかんない。








comments ()

2014.03.22 23:13

たのきち

好き真似がうまいって、あの人のことですね、わかります。
2014.03.23 18:20

no name

最近ブログのほう見させてもらってます

朝倉あきさんとても美人でかわいいですよね!

トリックは好きじゃないんですか(笑)

これからもブログ応援しています

人気記事ランキング
最近の記事
カテゴリー
プロフィール
author_ tenslives
about_ (趣味でやってます)
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。