上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコール上映『Sweet Sickness~スウィート・シックネス~』 - イベント | UPLINK



『青春Hシリーズ』屈指の傑作、アンコール上映&ライブ&トーク!

2013年4月に公開された青春Hシリーズ第29弾『Sweet Sickness~スウィート・シックネス~』。レイトショー1週間の小規模公開ながら熱い反響を巻き起こし、シリーズ中屈指の傑作と高く評価されました。再上映を求める声に応え、ここに2日間だけのアンコール上映が決定! 同作の出演者、スタッフが関わったここだけでしか観れないレアな傑作の上映とトークのほか、映画の音楽を担当した気鋭のシンガーソングライター入江陽のライブも! 盛りだくさんな内容でお届けするスペシャルな2日間!


『Sweet Sickness~スウィート・シックネス~』

(2013年 / 90分 / Blu-ray上映/ カラー)

哲哉(小林ユウキチ)と姉の凛(細江祐子)は、両親が亡くなって以来、2人で助け合いながら暮らしていた。ずっとこんな日が続くと哲哉は信じていた。ある日、姉に『結婚して家を出て行く』と告げられるまでは……。
切り詰められた台詞と、研ぎ澄まされた演出。静謐さの中に秘めた熱情を感じさせる演技。そしてすべてを包み込む、柔らかくも冷徹な光を見事に捉えた撮影。低予算映画の過酷な条件下、奇跡的とも言える三位一体が、ここに新たな傑作を誕生させた。これは誰の身にも起りうる普遍的な「愛着と別離」についての映画である。

監督・脚本・編集:西村晋也
出演:小林ユウキチ 細江祐子 綾見ひかる 片宮あやか 斉藤陽一郎
製作:松下順一 沼尻 孝 企画:高﨑正年 プロデューサー:小貫英樹 奥野邦洋
アソシエイトプロデューサー:田中忍 撮影:四宮秀俊 音楽:入江陽 美術:堀内浩一
助監督:福井早野香 制作プロダクション:東京レイダース 製作:娯楽TV/ひかりTV
青春Hシリーズ第29弾/ロッテルダムCamera Japan Festival 2013正式出品



2/22(土)
【Bプログラム】 featuring 四宮秀俊(『Sweet Sickness』撮影)

14:30~ 受付開始
19:20~ 開場
19:30~ 上映『わたしたちがうたうとき』
19:45~ 上映『MISSING』
20:40~ 休憩
20:45~ 上映『Sweet Sickness~スウィート・シックネス~』
22:15~ トーク:四宮秀俊(撮影)、佐藤央(映画監督)、木村有理子(映画監督)、西村晋也(映画監督)
22:50終了予定



『わたしたちがうたうとき』

(2011年/15分/Blu-ray/カラー)





精神科医の娘と、その患者の娘—思春期の2人の少女の痛々しくも瑞々しい関係を描いた、水晶のように硬質で、美しく澄み渡った短編。オムニバス「NO NAME FILMS」の一編として初公開された時は、絶賛の声に包まれた。

「祈りではなく、同情でもなく、友情とか、共感とか、そんなわかりやすいことではなくて。歌い、共に歌い、声と声をぶつけ、喉を震わせ、自分たちの声に自分たちが包まれていくことが、それだけが自分たちにできるただひとつの生きている証のように彼女たちは歌う。胸を打たれた。」塩田明彦(映画監督)

監督・脚本:木村有理子(『犬を撃つ』) プロデューサー:田中深雪 音楽監修:井上みほ 撮影:四宮秀俊 録音:黄永昌 助監督:大城宏之 編集:平田竜馬 衣装:篠塚奈美 美術:出井奈保 ヘアメイク:長窪美恵 制作:毛塚俊太 持ち道具協力:椎名寿江吾 製作:経済産業省/公益財団法人ユニジャパン
出演:増田璃子 宇野愛海 利重剛 鈴木卓爾 川崎 桜
2012年ソウル国際女性映画祭/あいち国際女性映画祭 正式上映



『MISSING』

(2011年/55分/Blu-ray/カラー)



小学生の学は出来心から盗んでしまった葉子のたて笛をなくしてしまう。教師に脅され友だちの宏一と笛を探すうちに学が辿り着いたのは、ある女が住む家だった……。喪失感を抱えた人々による仮初めの共同体。軋轢と、その果てに見出される希望……。

「傑作。ある知人女性(29歳)が「超面白いよこれ!」と言ったから間違いない。主人公の女の凛とした言葉や立ち姿といい、冷酷さとユーモアといい、真のリアリストだけがモノにできるロマン溢れる映画だ。かっこいい!もしおれが金持ちならば、まず佐藤央と撮影四宮秀俊のコンビに「売れるイイ映画」を依頼します。」三宅唱(映画監督)

「佐藤央は同世代の中でも最も卓越した演出力を持った監督です。『MISSING』は古典的な演出術を体得する彼の現時点での到達地であり、撮影者・四宮秀俊との共同作業の極点でもあります。こんなにも切実に人の声が響き得るのか、と多くの人に驚いて欲しい。」濱口竜介(映画監督)

監督・編集:佐藤央(『シャーリーの好色人生』)
脚本:小出豊 撮影・照明:四宮秀俊 録音:新垣一平 音楽:近藤清明
美術:大石佳奈 助監督:大岸智博 制作:唐津正樹 製作:神戸映画資料館
出演:土田愛恵、きく夏海、信國輝彦、昌本あつむ、八尾寛将、堀尾貞治




再度。
「Sweet Sickness」のアンコール上映 2/22のBプロにて、傑作短編「わたしたちがうたうとき」が同時上映されます。
監督とかじゃなくて撮影の四宮さん特集というプログラムなのでちょっとややこしいですね。

これほんとマジで見逃したらヤヴァイやつなのでお時間ありましたらぜひ観てください。
終映が23時越えないので未成年にもやさしい時間割です。

アップリンクさんこういうとこちゃんとしてんのかな。
以前、ここのレイトでとある映画上映後舞台挨拶のQAで高校生からの質問に監督さんが「時間大丈夫?」て気にされてて、劇場の方が「(23時前なので)まだオッケーです」みたいなやりとりがあって、あ、しっかりしてるなぁ、て。なんかいいなと思った。
そんなのまるで気にもしないダメなオトナ多い映画界でこの監督さんの真っ当なオトナっぷりにますます好きになったよ 笑。尊敬。身内集めて映画ごっこしてる若手の自主映画人と違って信頼できるのです。
○○とか××とかの他の独立系ミニシアターさんなんかでレイトで明らかに高校生居ても見て見ぬふりしてる感じあるもんな。都条例違反大丈夫かなとか思うんだけど。理不尽でもルールはルールですからね一応。
まぁ誰其れが観に来てただとかで、箔付けになる未成年の有名な役者さんのご来場に逐一喜んではしゃいでる自主の映画人も多いから。


はい、そんなことはどうでもいいので「わたしたちがうたうとき」です。
予告というか冒頭の動画がここで見れますよ。
宇野ちゃんが唄うドン・マクリーンの「Babylon」も聴けますね。

「転校生」好きは絶対に観といてください。
ほんとは「転校生」の前に観るべき増田璃子ちゃん作品なんだけど、上映の機会があまりなかったので仕方がないです。
「NO NAME FILMS」は2011年末の公開だったか。「わたしたちがうたうとき」の撮影自体は2010年みたいだね。

鈴木卓爾さん繋がりで「Dressing UP」好きにもいいかと思います。同じく四宮さん撮影。
「転校生」には無い不穏さはこちらかな。

「わたしたちがうたうとき」、「なぞ転」で宇野ちゃんが注目されている今このタイミングでの再上映というのもなにかあるのかなと思います。


「わたしたちがうたうとき」→「転校生」というのはぼくの中でものすごく関連性があって勝手に繋げてたんだけど、本当に繋がっていたんだね!
「わたしたちがうたうとき」がなかったら「転校生」の、ような短編はそもそも存在していなかったかもしれないそうですよ。

そして「ゆる逢い」が当初キャスティングされていたヒロイン役の方の降板など諸般の事情で撮影が伸びて空いた期間がなかったら「転校生」も撮られなかったわけで。同じ、あの学校にて。
葵ちゃんが制服の長めのスカートを抑える突風シーンを筆頭に、そういう映画の神が降りているまさに奇跡みたいな作品が「転校生」なのであります。

葵ちゃんの言葉を借りるなら、「ほーら全部つながった。」。


珠玉の短編群「NO NAME FILMS」においても傑出していた「わたしたちがうたうとき」。
ラスト、それでもただうたうことしかできない2人の少女、素晴らしいお芝居を見せます。
これはもう傑作としか言いようがないのです。



本企画の同時上映のもうひとつ、「MISSING」も傑作中編ですよ。ほんとにお得なプログラムだなぁ。

引退された夏生さちさんが好演してた「シャーリーの好色人生」の佐藤監督、濱口監督がコメントされてますが同世代で一目置いてる監督さんだそうですので、来月「不気味なものの肌に触れる」を観る予定の方なんかにもオススメです。
タレントランクの上がってきた染谷くんもファンにミーハー層が増えてきた感じで「シミラー」なんかもやたら盛況で目を輝かせた女性客で混み合ってたようですが、それとは違う濱口監督作品好きは「MISSING」も観ておくといいんじゃないかなと思いました。


とかなんとか言いつつ、肝心の「Sweet Sickness」はぼく未見なのであった。ごめんなさい。

comments ()

2014.02.21 23:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.02.25 09:44

tenslives

そうなんですかー。
「不気味~」のとき濱口監督セレクトで「MISSING」の上映もあってそこでお名前挙がってて認識した感じです。

塩田作品撮られたそうで。1月インしてたやつかなぁ。
2014.02.28 10:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

人気記事ランキング
最近の記事
カテゴリー
プロフィール
author_ tenslives
about_ (趣味でやってます)
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。