Archives : 2014年05月

Older

2014.06

Archives : 2014年05月

2014.04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「竜宮、暁のきみ」 予告編




「まんま、おとぎ話だね」



香川先行からしばらく経ちましたがやっと公開決まったね。

侮るなかれな地方映画。

主題歌含め音楽のセンスやたら良いのだが、香川オールロケというロケーションもいい。こういう風景大好物。
撮影も良い。本格的な水中撮影もさることながら、真っ暗な夜の海辺のシーンなんかでも非常に見易いんだよね。照明がいいのかな。

それとエンドロールの演出など、デザインまわりもきちっと隅々まで気を使ってるところも好感触。
このへん地方映画だとぞんざいになることがしばしばなのだけれど。
まぁ、ちょっとダサかったり古臭かったりするのもそれはそれで好きだけどね 笑


駆け足の映画祭用ショートVerでも垣間見れたけれど、全長版は別物。
というぐらい、また一味違って丁寧でとても素敵な映画へとバージョンアップしてました。

観てくださいね。





すっきりとした新フライヤーもいいね。
ティーザーてことは本バージョンもあるんだね。


里早ちゃんの乙姫の舞。
素晴らしい。
乙姫のラストダンスは編集も見事でゆったりと尺を使い気品ある美しいシーンに仕上がってます。

里早ちゃんは傑作「魔法少女」を思わせるふわりとした浮遊感のある不思議少女役。
これまたドハマり役なんですよ。
里早ちゃんならでは、です。
「待たれーい!」のかわいさったらない!ない!
とにかくおせっかいでかわいいのだ。



しかし里早ちゃんはほんとお顔が変わんないですねぇ。
中学の頃から全然変わってないです。
劣化知らずにもほどがあります。

大学がお忙しいみたいでしばしお仕事セーブしてたようですが、今年から「すイエんサー」以外もまたちょくちょく入れてきてるし女優業再開するのかな。
本格復帰が待たれます。

「SALU / Goodtime」 MV









Dir. SITE



最高。
かっこよすぎる。

眼帯少女はこうでなくちゃね。
セクシーな死んだ目よ。
しかしまぁあれだね。
うちは小松出せますよ、はすごいね。
さすががんがん営業かけてるなぁ。

なら使っちゃうよね。
菜奈さんいけるっていうなら誰だって菜奈さんでいきますよそりゃあ。


スカウトしたあの方、で合ってるのかなぁ。
ゆりか嬢とかもりりんあたりもそうみたいだけど。
1部も3部も関係ないのかね。
理事長系じゃない3部よくわかんないしな。

まぁそこにはやはりうまい方がいるわけです。
いくら才ある子でも待ってるだけで勝手にどうにかなるもんでもないしね。





この頃はまみたんの方がまだちょっとは売れてなかったっけなぁ。


まみたん。

まみたんはせっかく撮った主演映画が公開されないのがイタイね。
スタダさん、ちったーバックアップしてくれないのかしら。

そんなまみたんも今では某ドラマのオーディションに普通に書類で落ちるレベル。
がんばれまみたん。

「NICO Touches the Walls / 天地ガエシ」 MV









Dir. 飯塚健



しょぼい「惡の華」みたいな鬱屈系のお話。

花恋ちゃんはキャラクターなんかにはならないでね。



花恋ちゃん、飯塚監督とは3度目ですねぇ。


J-popの使い方のセンス合わなくてどうにもダサく感じた「彩恋」以来、一貫して苦手なんだよな。
「大人ドロップ」も全くダメだったんだけど、わりと信頼してる評論家さんが星取りで☆1付けてたので、だよなーと思いました。


池松くんといえば「ぼくたちの家族」もなんであんなにあからさまに嫌な感じにすんのかなと、好きじゃないやつだったよ。
「わたしのハワイの歩きかた」の池松くんは良さそうですかね?

「Suzu / you can do it!」 MV









Dir. 土屋隆俊



これ字幕いらないよな。


「青空エール」コラボMVだそうで。
MV程度、ならではのキャスティングだね。
まぁ集英社だからあそこからってことなんでしょうけど。


人気コミック原作というやつは大作化するほど一定の有名人を起用しなければならずキャストの年齢ぐんぐん上がって青春モノではおっさんおばさんが制服着ちゃうからなぁ。
そこに芸能プロダクションが旬のタレントの売り出しにも利用し。
ざっと近年の例を見てもご覧のとおり総じてクソなわけで。時代の産物、悲しいね。



「Suzu / ひかりの方へ」 MV




後編。



花恋ちゃんもだけどネクジェネさんはなんか地黒さん多いよね。

ちょっとなー。
透明感、が足りないんだよなー。
肌白くない子はそのへん損だよなー。

透明感。


イナズマ イナズマ 来るかもね?



でも花恋ちゃんとってもかわいらしい性格でいい子だし好きだよ。
クールな感じよりうるうるしてるのがいい。小動物的な。

STの下の子ら、とてもいい子たちばかりで将来が楽しみだね。
やはり性格はいいに限る。
アイドルさんも多くてアイドル適性もみんなばっちり備わっているしね。

桃子ちゃんもね、あの子も昔から現場評判良くていい子だよな。
ハピプラで毎回、更新遅くなってごめんなさい、みたいに謝るのはあんまりよくないかなと思うんだけど、まぁそういう気を使いすぎる性格みたいなのが現れてていいな、とも思う。

みきみきはアイドルがんばってるし。
ミラクルづめちゃんは気さくで明るいおしゃべりさんだしね。
まいまいこはるんは才女で育ちも最高にいいし。
あ、香春はもいっこ上か。まだ小さいからいいか。

いやー、ほんっと、いい子たちばかりだなぁ。(ずーすーを除く)



教育って大事だよな。












公開迫る冒険ファンタジー! 「瀬戸内海賊物語」 ~水軍ロマンと子供達の夢が今ツナガル!~ (05/25)






「瀬戸内海賊物語」のPRで旅レポ食レポ&メイキングなど。

杏花ちゃんがでこっぱちで猿顔でかわいい。






わかなわかな。

前に、わかなに映画観たよって言ったらやけに驚かれたなぁ。
ボートは結構練習したんだってさ。



でもって、やっと公開だね。
映画の方はもうちょっとどころではないけれど、小学生役はもう無いので観ておきましょうね。ってぐらいです。
やっぱこういうのは90分に収めるべきだとつくづく思います。








徳島出身16歳現役高校生歌手、上野優華の新曲「Diamond days ~ココロノツバサ~」。こちらをリード曲に据えた4月23日発売の3rd Single TYPE-Aには、『瀬戸内海賊物語の後日談を描いた『瀬戸内海賊物語』after story(ショートムービー)を収録。映画『瀬戸内海賊物語』主演の柴田杏花さんに­、映画と同じ「村上楓」役で出演して頂きました!上野 優華は楓の夢を応援する親友役として出演!その貴重な映像をインサートしたミュージッ­クビデオを公開!!

Dir. 大森研一



中学に上がった杏花ちゃんにフルート持たせてるのがいい。

これカメラも意味があるんだけど、おばあちゃんのアイテムなんだよな。
なんで友達役が持ってんのかよくわかんない。




徳島出身現役高校生歌手、上野優華がメインキャストとして出演もしている、映画『1/11じゅういちぶんのいち』主­題歌「Dear my hero」のMV、ショートバージョンをついに公開いたしました!
MVは映画『1/11じゅういちぶんのいち』監督・片岡翔氏が手がけ、映画でもロケを刊行した等々力競技場にて撮影。映画のシーンも盛り込み­ながら、ストーリーにリンクした仕上がりに。

Dir. 片岡翔



上野優華さんて「1/11 じゅういちぶんのいち」観るまで知らなかったけどキングのソロのアイドル歌手でグラビアさんとかもやってるのね。
地味な主題歌タイアップ系どんだけ続けられるのかなぁと思いました。





「WHITE JAM / 夏なんて」 MV




なんかいろいろすごいなー。

音楽って自由なんだなぁ、と思いました。

Older

2014.06

Archives : 2014年05月

2014.04


人気記事ランキング
最近の記事
カテゴリー
プロフィール
author_ tenslives
about_ (趣味でやってます)
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。