Archives : 2014年01月

Older

2014.02

Archives : 2014年01月

2013.12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋につきもの



漫画家ふみふみこ初実写映像化!

『恋につきもの』
2014年4月12日より、シネマート新宿ほか全国順次公開!

特異体質、もう一人の自分、幽霊...わたしたちはマイノリティ中のマイノリティ。普­通じゃない愛かもしれない。だけど普通に愛し合いたい。新進気鋭漫画家ふみふみこのフ­ァンタジックで切ない世界を初めて映像化した3つのラブストーリー。

原作
 ふみふみこ

主題歌
 山本精一「恋につきもの」

キャスト
「いばらのばら」松本花奈、伊藤沙莉、葉山奨之、北香那、吉岡睦雄
「豆腐の家」谷口蘭、石田法嗣、足立智充、嶺豪一、鈴木卓爾
「恋につきもの」趣里、髙橋洋、栁俊太郎、亀山陽、秋川百合、堀部圭亮

スタッフ
「いばらのばら」監督 桝井大地 脚本 桝井大地 木村孔太郎
「豆腐の家」監督 五十嵐耕平 脚本 五十嵐耕平 磯脇潤士
「恋につきもの」監督 一見正隆 脚本 森崎洸貴



山本精一の主題歌も良し。





アニメ版特報のみで予告まだか。なのでメイキング。


これ3篇ともキャストさんいいなぁ。
ぜんぜんブレイク系じゃないけど。
あ、谷口蘭さんと栁くんはモデルさんでは有名なのでそこは旬な感じでいいよね。


栁くん、ぼく大好きです。あの子やあの子のお相手役して欲しいメンズでよく挙げてしまう。脳内会議で。
大きなCMでの露出もあったしそろそろなにかのランキングにでも入りそうかと思ってたのだがまだなんだな。
「恋につきもの」では女の子の役なのね。入れ替わりドラマが流行ったりしたけど憑依モノ。


で、「いばらのばら」ですよ。

棘少女松本花奈ちゃんに結晶少女伊藤沙莉、そして北香那。
もう最高ですね。
バケモノ少女好きにはたまらんです。
花奈ちゃんはやっぱ異形なんだよなぁ。この子おかしいもん。

しかもみんな巧いっていうね。
伊藤沙莉なんか松岡茉優クラス。

花奈ちゃん、「ユートピアサウンズ」「友達」に続き藝大映画3本目かー。
信頼されてるね。

週刊文春 2014/01/16号 「原石美女図鑑」




新春「原石美女図鑑」、小川涼くん。



「菜の花ラインに乗りかえて」の地上波放送が今週末だね。
関東甲信越のみですけど。

先日の地域イベントはどうだったんですかね。
お笑いさんたちとご一緒に、じょうずにお話出来たかな?


WOWOWドラマの方は出番どんなもんかいな。
バブル後からのちょいと長い時代の女の半生モノな辛気臭いお話みたいだね。
誰かの娘とかでちょい役かなぁ。







第7回東宝シンデレラ写真集「Afterschool コバルトデイジー」



ほんとうにあった怖い話 第十七夜 「おまじない」






最初で最後、小学生役のゆりかさん。

コンビニ本のようにレンタル屋で似たようなタイトルがいくつも並んでいる安いホラーのシリーズ、その大多数を占めるダメな方のやつですね。
なのでこれは観なくていいやつだけど全く観られてないのもなんなので。

監督さんは美学校出身の方なのか。「救済」とつながると言えなくもないかも。


「ニシノユキヒコ」いよいよ来月公開ですので、そろそろね。

でも雑誌回りなどの定番プロモーション、思ったよりこないのなー。
来月分どうだろうね。
「nobody」あるからあとは別に要らないか。



予定していた「5windows」野外上映の京都編はどうなったんだろうな。
ここで「mountain mouth」も上映されるだろうと踏んでYCAMには行かなかったのだが失敗だった。観れてないの痛いな。

姉妹作の311明日「Humming」から、吉祥寺remixで漂流する映画館を初体験して、劇場版を2度、と、どうにか一通り観れてたんだけど、舞台となった黄金町には行けてないというのもミスったかなぁ。
なんにしても「mountain mouth」観たすぎるよ。


ふみ様×瀬田監督の「パルコに宣戦布告」は観たけど、同じく瀬田監督と共作の染谷くん監督「シミラーバットディファレント」が観れてないあたりもいかん。
距離問題つらい。







sweet (スウィート) 2014年 02月号 [雑誌]


sweet (スウィート) 2014年 02月号 [雑誌]




なりきりメイクとか勘弁…


ゆりかさん、去年前髪つくったのもかわいくなったし、Indigo la End のMVでのボブのウィッグもまた印象違って素敵だったからショートもめっちゃいけそうだな。
黒髪ロングの女の子は髪を切るという魔法が使えるのです。


モデルさんとしては背がちっちゃすぎるのが難点のど飴。

あー、mina吉倉あおいやJILLE新木優子みたいにどっか行けたらいいかなとか思ってたんだけどJILLEなくなっちゃったねぇ。
その新木優子は脱走するし 笑。

そういやBIGLOBEもなくなっちゃうね。



ま、ゆりかさんにはこれからいろいろやってもらわないといけないことになるだろうから。
たぶんきっと。

ゆりか嬢の番ですよ。





バチスタ4 #03 (01/21)




エバグリさんとこからサクっとお名前消えちゃってた近藤玲奈ちゃんと遊馬メイヤちゃんが一緒に出てたよ。

はー、安心した。
よかった。
よかった。

スペクラの小松﨑夕楠(R'sゆーな)を先頭に3人並んでクレジットされてたが関係あんのかな。


エバグリさん、あと消えたピチレの2人はどうなってんですかね。
サイトのピチモプロフィールだと加藤由梨愛ちゃんはそのままなんだが長崎すみれちゃんはファンレターの宛先も編集部に変わってて所属事務所空欄になったんだよな。
すみれは年末にサンホのイベントにまいんちゃんと出てたようだけど。





メイヤちゃんは背は伸びたけどあんま垢抜けないねぇ。

りさこの「リアル脱出ゲーム」出てたね。





玲奈ちゃんなー。

最後のラブベリーナ。
やはり1人だけ行き先なかったのがなー。きついよなぁ。夏美がにくいぜ。

去年は初の連ドラレギュラーでも目立てず、ミスTGCも残念だったね。
うまくいかないね。

でも、既に廃刊まっしぐらの死に体だったLBだとしてもあのときは確かに5000人の中から選ばれたんだから。
準グランプリでしょ。

ま、またがんばればいいよ。
気にして見とくからさ。





だから。
これだけで全てが決まっちゃうなんて、そんなことねーからな。





ね!

JR西日本 さわやかマナーキャンペーン 「マナーって思いやり。」 #06 携帯電話・スマートフォンでの着信音や通話編




年明けて1月下旬?より、シリーズ第6話。

おそらくこれにてH25年度完結と思われるが、ラストを飾るのは浜辺美波ちゃん!

帰ってきた東宝シンデレラ編。
スタダ1部編が続いて欲しかったのもちょっとあるけれど。


だがしかしタテイチポスターにおいてはこの「さわやかマナーキャンペーン」史上最高傑作である。
ヨコだとまたお写真違うのもあるんでね。

コピーもいい。
「あとで、かけるね。」
かわいい。

美波ちゃん良すぎますね。
ふいに目にして、瞬間、度肝、抜かれました。
素晴らしい。

まだランドセルが多いので制服着せて欲しかったんだよ。
もっとさ。制服姿見たかったんだよ。
やっぱJCです。JC。


車内モニターのCM映像も素敵ですよ。
サイレントムービーです。

ndjc2013


世田谷区, 39丁目


小学五年生の航は、不思議な体験をして異世界に迷い込んでしまった。そこは元の世界と環境は同じだが、人々が暴力的な性格に変わっている異世界だった。周囲の変化に混乱する中、同じ境遇の少女、澪が航の前に現れた。二人は元の世界に戻ろうとするが……。

出演:下田翔大、浜辺美波、須賀貴匡、馬渕英俚可、伊嵜充則、谷藤太、佐伯日菜子
監督・脚本:山下征志
制作プロダクション:東宝映画

2014年/カラー/35mm/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/30分



浜辺美波ちゃん主演の短編映画「世田谷区, 39丁目」。
ヒロインか。ま、W主演でいいだろう。

ndjc2013作品です。
ndjcの重要性は今更言わなくてもいいですね。あの子が教えてくれた。

パラレルワールドモノだね。
「ルート225」という傑作を思い浮かべてしまいますが、どうでしょうか。


監督さんは東京工芸大学短編集「シフガフ」の一篇「月影のマボロシ」の山下監督。
をー。観た観た。

こちらも少女を描いた作品でしたね。
小さい女の子好きなのかな。ぼくたちと一緒だね。

「世田谷区」のストーリーだけ見ても確かに共通するものがあるな。
日常から放たれた暴力とか狂気とかいった。

楽しみですね。
美波ちゃんの映画だもん。


「シフガフ」、半分くらいつまんなかったけど観といて良かったです。
繋がる繋がる。また好きな子と繋がった。
何事もその準備になり得るのです。
こうして時は進む。

珍しく公開中にお知らせしといたんでね、気になったらちゃんと観といてね。
ピンとくる、って大事だよ。



鉄馬と風

疎遠だった兄の死を知ったトシは、遺品整理のため訪れたガレージでピカピカのハーレーダビッドソンを見つける。金もないはずの兄がなぜこんなものを…。そこに謎の男・モッシュが現れ「お前の兄貴と約束したんだ」とトシを強引に連れ出す。男二人の奇妙なハーレーの旅が始まった。

出演:夛留見啓助、ウダタカキ、北浦愛、板橋駿谷、河原健二
監督・脚本:浅沼直也
制作プロダクション:オフィス・シロウズ

2014年/カラー/35mm/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/30分



カオリと機械油

尼崎を舞台にどこか足りない人たちが繰り広げる悲喜劇。
小さな機械工場で働くかおりは彼氏ナシで見た目も地味、さらに腋臭というコンプレックスを抱えていた。鬱々と暮らす日々に追い打ちをかけるかのように、工場の倒産、社長の失踪など次々と不幸が襲う…。

出演:松永渚、兵頭祐香、真鍋拓、加藤重樹、堀部由加里
監督・脚本:北川帯寛
制作プロダクション:東映京都撮影所

2014年/カラー/35mm/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/30分



オシャレ番外地

「俺のオシャレのどこがダメなの!?」誰も自分のオシャレを分かってくれない。そんな鴨野に「ブランドの専属モデルとして、ファッションリーダーにならないか」という夢のような話が舞い込んできた。その言葉につられ、鴨野がついて行った先には・・・!?

出演:高良亘、小林高鹿、柊瑠美、坂田聡、蛭子能収
監督・脚本:髙谷昂佑
制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ

2014年/カラー/35mm/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/30分



ミチずレ

〈荷物を届けるだけで高額な報酬が貰える〉という怪しいバイトに参加した鬼頭。同じくバイトにやってきた一見気弱そうな青年ベンチと出会う。上下ジャージ姿に警視庁と書かれたチョッキを着込んだ怪しげな二人組に荷物を渡され、鬼頭とベンチが向かった先は・・・。

出演:落合モトキ、矢本悠馬、薬丸翔、高木健、野中隆光
監督・脚本:文晟豪
主題歌・ラップ監修:寳福音
制作プロダクション:シネバザール

2014年/カラー/35mm/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/30分



ndjc2013、他のラインナップはこんな感じです。

北浦愛さんの浅沼監督作品とか落合くんのラップモノとか気になりますね。

ndjc2012の「んで、全部、海さ流した。」はその後単独で劇場公開もされたし、またこの中からそういういい作品が生まれるかもしれない。



今年度も完成作品が期間限定で劇場公開されます!
角川シネマ新宿:3月8日(土)~14日(金)、3月22日(土)~28日(金)
京都シネマ:3月22日(土)~28日(金)



3月に例年通り劇場でかかるからもうすぐ観れるね。
バルト9→ユナイテッド・シネマ豊洲→角川シネマ新宿、関西は大阪→京都と、規模縮小っぽいのかなぁ。

その前に各地で合評上映会があって東京だと監督はじめキャストさんもだいたい観に来られて舞台挨拶しはるんで応募してみてはいかがですかね。
ndjc2010だと松岡茉優、志保、能年らがぞろぞろ来てたしね。
でも普通の一般試写ではなくモニターですからね、いくつかの項目に沿ってきちんとレビュー書かないといけないんでね。そこんとこわきまえてある程度は映画とか観れる人じゃないとー。
「月影のマボロシ」とか浅沼監督の「HeartBeat」ぐらいは観てた方がいいかと思いますよ。
15名とかの狭い枠なので幼い女の子目当てのただのヲタクはご遠慮願います!
東宝写真集の握手会で好きなだけループしとけ。にぎにぎ。





(参考)まぁまぁぶさいくな能年

Older

2014.02

Archives : 2014年01月

2013.12


人気記事ランキング
最近の記事
カテゴリー
プロフィール
author_ tenslives
about_ (趣味でやってます)
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。