Archives : 2013年09月

Older

2013.10

Archives : 2013年09月

2013.08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジモノステーション 2013年 11月号 [雑誌]


デジモノステーション 2013年 11月号 [雑誌]



彼女の音 #008 葵わかな



スタダ続くも、やはり3Bに非ず。


「彼女の音」/「読書少女」、両対応。
ちょいとマンネリ気味のヘッドフォン少女に新たなシチュエーション加えたら読書少女になっちゃった、ていう。

わかなちゃんセレクトは2/3が宣伝でした 笑。



「陽だまりの彼女」、そろそろなので書いとくかな。
以下、バレ。
2回観ました。

なかなか良かったよ。
これ系ならこちらオススメしときます。

「潔く柔く」はどう考えてもヤバそうなので。
なんせ「僕の初恋をキミに捧ぐ」「ただ、君を愛してる」の新城監督ですからね!
観るまでもなく、ほんと勘弁してくださいって感じです。


「陽だまり」、原作知らなかったのでまた難病モノかなにかのよくある少女漫画/ケータイちっくな胸キュン泣き純愛系だろうとか思ってて、途中から、え?そうなの?と結構びっくりしたんだけど、壮大なファンタジーなのね。
お伽話。鶴の恩返しでした。

なので、こどもさんなんかだとよりすんなりと楽しめるかも。
アニメみたいなかわいいお話だよ。


そんなあり得ない人物像を上野樹里が上野樹里ならではのナチュラルさで演じているわけなのだが、その中学生時代という難役、わかなちゃんの完コピっぷりもまた凄まじい。
上野樹里完コピとしか言いようがない。
「キラー・ヴァージンロード」時の清水くるみがまだまだ出来ていなかったことをやってのけている。

全裸徘徊シーンも必見です。綺麗な背中でした。

わかなちゃん素晴らしいです。


いやーよく見つけたなー、と。
キャスティング重要だわ。

受けに徹する、松潤役のテロリスト出水こと北村くんもハマってますしね。
回想シーン、別キャストでも説得力があり確かに繋がっていて、2人ともとてもいいのです。
なんか違うなぁ、、と気にならずに安心して観てられる。

やっぱさ、いくら本人でもしわくちゃのBBAに15歳役とかやらせちゃいかんのよ。あ、「潔く柔く」の方ね。
波瑠さんは顔変わってないからええけどな!


あと「潔く柔く」にも出てる平田の薫さんがこっちにも出てました。
山本ひかると同じく上野樹里バーター感が悲しいです。1シーン出演。

石橋杏奈さんも1シーンのみですね。冒頭にエレベーターで谷村さんとちょこっと。
谷村さんはサブキャラとしてその後も継続して出てきますが。


他、中学時代では北村くんと共に「鈴木」から三浦透子さん。恐怖のラスボス役。ここのその後の大人キャスティングも上手い。
「告白」「鈴木」の清水尚弥の弟さん、「渇き。」の清水尋也くん。
「ルームメイト」が映画デビューとなっているがSMA萩原みのりちゃん。

など。

鍵のない夢を見る #04 「仁志野町の泥棒」 (09/22)







木村真那月→高梨臨、川島鈴遥→佐津川愛美、、、ちょっと違うなぁ。

さっつんだとこないだの「緒方貞子 ~戦争が終わらない この世界で~」の、上白石萌歌→佐津川愛美→斉藤由貴 はいいラインだったね。丸顔。



高梨さん主演ということになっているけれど、幼少期パートががっつり45分ほどあってこちらがストーリーのメイン。
なかなか強烈なドラマでした。

まわりの親たちは問題とはどこか距離を取りつつも理解があったり、金持ちの子が人格者だったり、民放のベタドラマとは違う展開を見せるなと。






その、この町の問題。
やはり鈴遥ちゃんは家庭に事情ありな複雑系。
窃盗癖という病気持ちの母親と暮らす、アイドルを夢見る少女であった。

ドッヂボールとかザリガニ取りとか、普通に遊んでる日常シーンでの無邪気さがつらいね。





母親の盗みを弟と謝りにくる泣きのシーン、ものすごかったよ。
深く下げた頭をゆっくりと上げるときに流れる涙のタイミング、微かにピクピクとさせる唇など、入り込んだ完璧な芝居だった。

が、さらにその後の…





自身も万引きをしてしまい、主人公に見つかったときに見せる鈴遥ちゃんの表情のとんでもなさ!
たまげました。


クラスメイトで石井萌々果も出てて鈴遥ちゃんと被るなとも思ったんだけど、子役と女優て感じやったね。






第二次性徴モノの要素もあって、「もう、生理はある?」と突然聞かれ首を横に振ってもごもごしたり、「そろそろ着ける頃でしょ、ブラジャー」と初めて買ってもらうときのどきどき嬉しそうな顔たまんない。


真那月ちゃん、おめめちっちゃいから隈取りメイクしてんのか、悪夢ちゃんでもないのに真っ黒い縁取り気になる。

あと水沢奈子に似てるよねぇ。
なこぽん…、南無~。


























半沢直樹 #05 (08/11)


宮部みゆきドラマスペシャル「淋しい狩人」 (09/20)






あーおもしろかった。
麻生学監督。



盲目少女。
加藤あい14歳役。3年前には香凛ちゃんも演りましたね。同じく包帯巻いて。

ゆりか嬢、異様です。
「5windows」の強烈なイメージがもちろんあるのだが、あの、1人何処か違うところに在るような。
1人だけ違う世界を見てるような、視線のその先。なんだろうね。

回想での1分ほどの登場シーン、風の音のみでゆりかちゃんの横顔をただ捉えたカットが緊張感を持ったまま長めに撮られてて、強い日差しとは対照的な暗闇、突然目が見えなくなったという絶望と、そこから自力で踏みとどまるまでを見事に表現していたね。
素晴らしいです。もっと見たくなります。

これ、撮影は1年ぐらい前みたい。






マキタスポーツ / 1995 J-POP」 MV






Dir. 山下敦弘



奈桜ちゃん名演。
渋谷女子高生援交ルーズソックス。






バシャバシャ暴れまくる「LIFE is Coming Back!」のとこ最高だな。





渋谷スクランブル交差点でのラストカット、いい表情してますね。



んー、しかしまぁ「ラブ&ポップ」やもんな。
冒頭の導入部だけそうしてんのかなとか思ってたんだけどずっとルーズソックスを汚水でビタビタにしながらドブ川ずんずん歩いてるのが続くもんだから三輪明日美のヘタクソな「あの素晴らしい愛をもう一度」が聴こえてきそうだったよ。




















3Bjunior BOOK 2013 summer ~school life~ (TOKYO NEWS MOOK 368号)


3Bjunior BOOK 2013 summer ~school life~ (TOKYO NEWS MOOK 368号)

★毎年恒例の「3Bjunior BOOK」が今年も発売!
スターダストプロモーション芸能3部に所属する18歳以下の女のコ達=「3Bjunior」。彼女たちのここでしか見られない写真集が「3Bjunior BOOK」です。
通算5冊目となる今回は今までで最多の73名が登場!
ももいろクローバーZや、高橋春織、夏緒ら未来の女優が出演しています。プレミア化、必至の一冊!!

【出演メンバー】
蒼井涼香・青山奈桜・浅見姫香・内山あみ・宇野愛海・うらん・大久保聡美・岡崎歩美・岡田あずさ・岡村梨里・小川真由・奥澤レイナ・小田桐汐里・加藤未来・奏美・希山愛・桐嶋ヒナタ・國光真央・小池梨緒・小林歌穂・小見山はな・斎藤夏鈴・白川怜奈・鈴木かのん・大尾紗也・高井つき奈・高橋咲樹・高橋春織・橘里依・田辺桃子・谷川菜奈・谷まりや・辻野かなみ・内藤るな・長尾寧音・長城祝華・仲谷香春・中村優・中山莉子・夏緒・七木奏音・奈良崎とわ・乗峯芽衣・華山志歩・春名真依・藤本杏・マイリー・美咲アリス・本瀬まゆ・矢野優花・山野井まやか・雪代花野・横山未空・来夢・麗愛・ももいろクローバーZ(佐々木彩夏・玉井詩織)・私立恵比寿中学・チームしゃちほこ



で、今年の3B本も一応見てみましたが、やばいですね。質の低下が酷い。
ここほんと大丈夫なんでしょうか。


女優部門トップが春織さんなんだもんなー。弱すぎる。
春織さんね…。ちとプライベートでやっちまってるみたいなのでバレないようにね 笑。


(七木)奏音が茶髪ヤンキー化してなんか土屋太鳳の裏キャラみたいになってるな。裏ナコルル的な。


香春と桃子は早くここから抜け出してね。
でもSTごときじゃ菜奈ちゃんの足元にも及ばないかなー。


寧音と奈桜ちゃんはやはりバランスいい組み合わせだねぇ。この2人の並びはいいよね。
ぼくは三部JAPANのことは忘れません。


来夢は真野ちゃんっぽいし、(鈴木)かのんちゃんは小池彩夢の正常進化っぽいし。


あと女優さんでは宇野ちゃんかなー。



うははは☆宇野愛海☆ (2013-07-13)|3年B組School girl BLOG Powered by アメブロ

ここ3週間は、
たくさんの監督や
スタッフさんに関わる機会が
あったんですが、
自分の今の演技
納得いかないなって思ったの!笑
最近満島ひかりさんと
刈谷友衣子さんの演技が超すき!
お二人のような
演技ができるようになりたいなー。

日々精進していこうじゃないかーあああ。笑



眼のいい子は大好きだよ。


なるちゃんの映画「燦燦」、D-MAPの第四弾にして最後の作品なのだ。

ちなみにD-MAP第一弾「ソロコンテスト」、第二弾「ネムリバ」、そして第三弾「バルーンリレー」。
ほらつながった。

なるちゃんはndjc2009「きみは僕の未来」にも出てたもんね。

JR西日本 さわやかマナーキャンペーン 「マナーって思いやり。」 #04 車内・ドア付近での座り込み編




シリーズ第4話。

今まで2ヶ月スパンだったけれど今度はひと月で新作。
そして東宝シンデレラの終焉。

でもなんか東宝顔。わかなちゃん。



いやー、やっぱりスタダさんは1部だね。
エリート集団ですわ。

わかなちゃん、素晴らしいです。

こんな立派な女優さんがブームによって接触消費アイドルもやってるのが不思議なんですが、本人たちにそっちの特性もあるんだもんなぁ。
それにあそこは芸歴長い荒川ちかも巧いしな。妙なユニットである。

まぁ、報知映画賞新人賞&キネ旬新人賞&ブルーリボン新人賞&日本映画批評家大賞新人賞&日アカ新人賞などなど獲ったひとがCD売るために握手活動に精を出したり有象無象の地下アイドルと混じってアイドルフェス出たりしてる時代ですからね。あ、でも元々ミスマガでケツ出してたか…

乙女新党のヲタ層的には夢アドおはガあたりと被ってる感じなのかな。
女優活動のお芝居もしっかり見てあげてね。
接触時のトークネタとしてチェックするってだけでなくてね。

「陽だまりの彼女」、上野樹里を完コピしてました。お見事すぎます。

SENDAI COLLECTION '13




かわいー。

づめ子かわいいねぇ。
仙台の星やで。

TGC、神コレ、TOKYO RUNWAY、センコレ、と。
今年も大忙しですな。
あぁ、ST学園祭とかいうのもあったね。

地元で応援してくれてる近しい方々にも見てもらえて、うれしいね、づめ子や。
商店街のアーケードだろうが、づめ子が歩けばどこだってランウェイになるのだ。

だってづめ子は日本を代表するミラクルなスーパーモデル。


すずはあっさり捨てちゃったけど、づめちゃんはバスケにモデルに、両方よくばりにがんばってたね。
この夏、がむしゃらにバスケに打ち込んだ青春。かけがえのないものになったんだろうな。
それはどんだけきらきらしてるのかなー。

Older

2013.10

Archives : 2013年09月

2013.08


人気記事ランキング
最近の記事
カテゴリー
プロフィール
author_ tenslives
about_ (趣味でやってます)
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。