上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林司
編集者/妄撮P

講談社編集者/妄撮P/ミスiD実行委員長。カメラマンTommy氏とのコンビで手がける「妄撮®」シリーズから『水原希子フォトブック KIKO』『二階堂ふみフォトブック 進級できるかな。』『玉城ティナフォトブック Tina』まで、女の子もの書籍などを幅広く手がけ、2012年「ミスiD」を立ち上げる。
ミスiD2013、2014、2015選考委員





パクリ語録

それにしても


二階堂ふみといい

荒川ちかといい


自分のあまりの目の狂いのなさに

空恐ろしくなってきたよ....。


(そして目をつけるスピードが早すぎるため誰にも気に留められず後からこうして後だしじゃんけんみたいに騒ぎ立てる大人げなさにむなしくもなってきたよ...)



パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)がパクって自慢しているパクリ語録。








荒川ちかがやった!!!(『ヤクザガール 二代目は10歳』) - 24Hours妄撮LIFE / TSUKASA KOBAYASHI | BLOG | TRANSIT GENERAL OFFICE INC.
http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/2011/11/10-1.php
(2011/11/09)

より引用


荒川ちかがやった!!!(『ヤクザガール 二代目は10歳』 (November 09, 2011)

今朝起きたら


前にもなんどかプッシュした


超絶おかっぱ少女荒川ちか


セルゲイ・ボドロフ監督による

ルーマニアコメディ・クルージュ国際映画祭

最優秀女優賞を受賞した!!!!


というニュースが飛び込んできた。

yakuzagirl_3_large.jpg

_mg_0745---2_large.jpg

original.jpg




いやー、


今後日本映画を五十年支える

コメディエンヌ誕生の瞬間ですね。






それにしても


二階堂ふみといい

荒川ちかといい


自分のあまりの目の狂いのなさに

空恐ろしくなってきたよ....。


(そして目をつけるスピードが早すぎるため誰にも気に留められず後からこうして後だしじゃんけんみたいに騒ぎ立てる大人げなさにむなしくもなってきたよ...)




というわけで


こんなに面白いのに
まったく話題になることなく公開中の

『ヤクザガール 二代目は10歳』




このニュースも後追いして
ワイドショーなんかも取り上げてくれるといいんだけど


まあ期待できないので


ひっそりと猛プッシュし続けます。




空前のヤクザブームだし

芦田愛菜とか言ってる場合じゃないっしょ!









ご存知パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)が

「自分のあまりの目の狂いのなさに空恐ろしくなってきたよ....。」
「目をつけるスピードが早すぎる」



と、自身の目利き?を盛大に自慢しているその2例は、当ブログのいくつかのエントリーをまとめサイトのごとくまるまるパクって書かれたパクリ記事によるものです。





パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)の、他人から盗んだものを自分の手柄にしようとする性質がよく現れている格言ですね。








ミスiD - Wikipedia


歴代受賞者[編集]


ミスiD2013[編集]



ミスiD(アイドル)2013
ミスiD2013グランプリ玉城ティナ
ミスiD2013大場はるか(2014年8月にdropに加入)、夏江紘実木下綾菜さんみゅ〜)、塚本波彩西田藍
その他のファイナリスト天野麻菜安藤遥AppleTale)、入矢麻衣乙川郁笠原美香小池花瑠奈、杉山志穂 改め小鳥遊しほ、ソニア、谷一歩星名里香松尾和松雪ななゆづか姫脇山愛
その他の著名なセミファイナリスト[2]青山あみ(当時「青山亜美」)、井澤愛巴内野未来、小森未彩(A応P)、丸山夏鈴水城るな




ミスiD2014[編集]

この年より、応援サイトWebでの投票で1位になった候補者は無条件でミスiDに選出されることに改められた。また、小林が副編集長に就任[3]した『FRIDAY』誌上で受賞者が発表されている。

  • 応募資格:1981年4月1日 - 2001年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
    • 中村インディアは既婚者であることを隠して応募したため本来なら応募資格を満たさないが、最終選考で是非を問うという形になった[4]
  • 応募期間:2013年3月22日 - 2013年5月13日
  • 受賞者発表:2013年9月20日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青柳文子安藤美冬今泉力哉、大郷剛、草野絵美、小林司、佐武宇綺9nine、ミスマガジン2009読者特別賞、『開運音楽堂』番P[5])、島田陽一、少年アヤちゃん(「サゲマンJAPAN」代表)、竹中夏海、玉城ティナ、丹羽多聞アンドリウ、中村貞裕、夏野元嗣(エイジアハウス代表取締役、「Cure」編集長)、ヒャクタロウ、もふくちゃん、山崎まどか、柚木麻子吉田豪、レナ(バニラビーンズ
  • 応募者数2714人、セミファイナリスト51名、ファイナリスト35名(応援サイトWeb上位10名、選考委員選出20名)


ミスiD(アイドル)2014
ミスiD2014グランプリ蒼波純(2013年12月10日に受賞時の名前である「青波純」から改名)
ミスiD2014稲村亜美児山さくら寺嶋由芙(応援サイトWeb投票1位、元BiS)、マチルダ、本宮初芽渡賀レイチェル(2014年10月30日に受賞時の名前である「レイチェル」から改名[6]。それ以前からも「わたしがレイチェル」名で活動)
明日のアイドルの話をしよう賞中村インディアひのあゆみ(ひめむすひ)、細川唯
個人賞安藤美冬賞:木村仁美、今泉力也賞:京佳夢みるアドレセンス)、大郷剛賞:新田藍奈、佐武宇綺賞:河内美里、少年アヤちゃん賞:傳谷英里香ベイビーレイズ)、ヒャクタロウ賞:寺田御子(2014年に受賞時の名前である「藤井さやか」から改名[7])。山崎まどか賞「ユキサク」:水尻ユキ真山朔、柚木麻子賞:文月悠光、吉田豪賞:金子織江、レナ賞:山崎春佳、竹中夏海賞:石崎日梨
アマテラス特別賞加藤一華(元ステーション♪)、寺嶋由芙、細川唯、荒野もゆ小野紗也香新垣こづ枝
その他のファイナリスト小野口真央木村葉月小瀬田麻由小林リズム静麻波末永唯子、宗本花音里(のちにMaison book girlを結成、その後脱退)、奈々瀬宮澤咲希
その他の著名なセミファイナリスト[2]井元まほ(当時「井元真帆」)、喜多陽子




ミスiD2015[編集]

2014年8月1日発売の『FRIDAY』誌上で2015セミファイナリスト・60名が発表され[8]、翌8月2日の『東京アイドルフェスティバル2014』の「ミスiD2013-2015」ステージでお披露目された[9]

受賞者発表は当初2014年9月19日だったが[10]、グランプリ選出をめぐり議論が紛糾、追加審議を行った[11]ことから翌週に延期となった。

  • 応募資格:1982年4月2日 - 2002年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
  • 応募期間:2014年4月22日 - 2013年6月9日
  • 受賞者発表:2013年9月26日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、うしじまいい肉、大郷剛、大森靖子加藤一華(ミスiD 2014アマテラス賞、開運音楽堂 MissKaiun管理委員)、岸田メル木村ミサ(モデル、現むすびズム)、草野絵美、小林司、佐久間宣行、竹中夏海、tomad(Maltine Records主宰)、中田クルミ(モデル・女優)、中村貞裕、東佳苗(ニットデザイナー)、もふくちゃん、山戸結希、吉田豪
  • 選考協力:『FRIDAY』編集部、『ViVi』編集部
  • 応募者数約4000名、セミファイナリスト60名、ファイナリスト41名(うち応援サイトWeb上位10名)


ミスiD(アイドル)2015
ミスiD2015グランプリ金子理江水野しず
ミスiD2015黒宮れい近藤那央篠崎こころ(プティパ -petit pas!-)、都丸紗也華FYT)、緑川百々子(応援サイトWeb投票1位)、山田愛奈来夢
すべての女の子はアイドルである賞ファンタジスタさくらだ深海誉閃光プラネタゲート
個人賞[13]大郷剛賞・Tomad賞:中嶋春陽ジュネス☆プリンセス)、木村ミサ賞・竹中夏海賞:マーシュ彩(White Lace)、青山裕企賞:新井希美、東佳苗賞:甘夏ゆずバンドじゃないもん!)、安藤美冬賞:鈴木マリ、うしじまいい肉賞:篠崎こころ(※ミスiD2015と同時受賞)、大森靖子賞:桃香(当時Peach sugar snow)、加藤一華賞:井上苑子、岸田メル賞:天川宇宙(宇宙戦士ちゃん)、草野絵美賞:祝茉莉(ひめむすひ)、小林司賞:筒井のどか、佐久間宣行賞:伊藤麻希(LinQ)、中田クルミ賞:桝渕祥与、もふくちゃん賞:山本正華、山戸結希賞:堀越千史、吉田豪賞:楠みゆう(当時Sweet★Pastel)
アマテラス特別賞ヲガワササノ
その他のファイナリスト大原由衣子、奥村真友里(ひめキュンフルーツ缶)、工藤えりな(2015年1月にケドナニカ?に加入、同年8月末解散)、小宮一葉、咲村良子(現Phantom Voice)、鈴木えりか(PPP! PiXiON)、永野倫子、雛形羽衣(秋葉原ディアステージ)、前坂美結、増澤璃凜子みきちゅ、ミシェルアヤミ、矢川葵(のちにMaison book girl)、莉南
その他の著名なセミファイナリスト[2]伊藤桃、三条香月(当時CAMOUFLAGE)、のーでぃ、松川菜々花(FYT)[14]真奈水沢アリー、白川卯奈(ミスFLASH2016ファイナリスト)[15]


  • このほか、選考過程で落選した はのはなよが吉田豪の「個人賞をあげたかった」とのひとことから「ミスiD2015 吉田豪賞(非公式)」を名乗っている[16]。はなよはミスiDカフェ、ミスiDの部屋、ミスiDフェスなどといった関連イベントにも出演している。ミスiD2016にも応募、ファイナリストに選ばれている。
  • また、ぱいぱいでか美も書類審査後の面接で落選している[17]




ミスiD2016[編集]

2015年、小林が第一事業局第一戦略部に異動、ミスiDを専任で担当することになった[18]

選出方法に変更が加えられ、Twitterでの投稿内容、CHEERZのCHEER数、アー写.comの写真売上、YouTube動画の再生回数、選考委員の印象点を加味した総合点によりファイナリスト進出者を決定。但し、CHEERZ・アー写.comそれぞれ上位10名は無条件でファイナリスト入り。また、ファイナリストの中から、CHEERZ・アー写.com・YouTubeのポイント合計で1位となった者は無条件でミスiDを受賞。

2015年9月25日にセミファイナリスト、10月23日にファイナリスト、11月27日に各賞が発表された。ミスiD2016グランプリはミスiD2016受賞者9人の中から2016年1月17日に行われるお披露目イベントで発表される予定[19]

  • 応募資格:1980年4月2日 - 2004年4月1日生まれの女性。国籍、プロ・アマ、既婚・未婚などは不問。グラビア、女優、モデル、歌、ダンス、文学、漫画、アニメ、ゲーム、コスプレ、イラスト、詩、エッセイ、スポーツ、政治、哲学、写真、ファッション、デザイン、料理、作詞作曲、DJ、自撮り、その他自分の好きなジャンル、こだわり、表現を持っていること。誰かと似てないなにかがあること[20]
  • 応募期間:2015年7月1日 - 2015年8月9日
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、市川紗椰、大郷剛、大森靖子、岸田メル、小林司、佐久間宣行、ジェンファン(「Jenny Fax」デザイナー)、根本宗子(脚本家、「月刊「根本宗子」」主宰)、東佳苗、ファンタジスタさくらだ、吉田豪、やついいちろう、山崎まどか、山戸結希、山内マリコ
  • 応募者約4000名、セミファイナリスト114名、ファイナリスト61名。


ミスiD2016
ミスiD2016Iris、一ノ瀬みか(神宿)、菅本裕子(元HKT48)、大望、長澤茉里奈(放プリユース、ポイント1位)、藤野有理、保紫萌香、弓ライカ、ロカ
I♥JAPAN賞愛美菜デュジャン、VIENNA、林家つる子
私だけがいない賞すみれ
実行委員長特別賞南菜生(PassCode
個人賞青山裕企賞:瀬戸悠木、安藤美冬賞:町田彩夏、市川紗椰&東佳苗賞:祷キララ、大郷剛賞:堀井仁菜、大森靖子賞:中尾有伽、岸田メル賞:天音ほのか、佐久間宣行&シュエ・ジェンファン賞:葉月、ファンタジスタさくらだ賞:中尊寺まい(ベッド・イン)、根本宗子賞:さぃもん、やついいちろう賞:空野青空、山内マリコ賞:川村安奈、山崎まどか賞:annie the clumsy、吉田豪賞:丸山ゆか(丸山夏鈴の妹)[21]
CHEERZ賞中尊寺まい、柚餅子みこ、SHO-NO
アー写.com賞natsuki(エレクトリックリボン
ファイナリスト石川夏海(アキシブproject)、石塚汐花(アイドルカレッジ)、沖本蒼奈(マボロシ可憐GeNE)、尾崎桃子、上条なずな、工藤ちゃん、菜田彩佳(青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、齋藤里菜、サオリリス末永みゆ、SENA、たらを、長澤真彩、ナギノエナ、7A、乃亜、羽田朱里、はのはなよ、日乃まそら、姫川風子(ジュネス☆プリンセス)、ひらく、ぷりんちゃん、まきろん。、真中のぞみ(プティパ -petit pas!-)、柳統子、山下優奈、山田如凜(元青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、結城リナ、李南希、りさこ、瑠花
著名なセミファイナリスト[2]あんず(元あヴぁんだんど)、麻生智世(ウルトラガール)、井本まほ(ミスiD2014セミファイナリスト)、栗山夢衣、佐藤優香(フラップガールズスクール)、鈴木真実(元アリス十番)、瀧山あかね、長谷川愛里(乙女新党)、星なゆた(あヴぁんだんど)、町田有沙松永有紗、真奈(ミスiD2015セミファイナリスト)、山口愛実


気になる女の子⑫ 荒川ちか - 24Hours妄撮LIFE / TSUKASA KOBAYASHI | BLOG | TRANSIT GENERAL OFFICE INC.
http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/2011/04/post-1058.php
(2011/04/06)

より引用


気になる女の子⑫ 荒川ちか (April 06, 2011)

「おひさま」の初回視聴率がここ5年で最高だと、

ネットニュースで話題になっている。



よかった、よかった。





でも、

「ここ5年」という言い方がありなのなら

たいがい、ありだよな。




僕は今日、ここ5年の平日で
最高の里芋と鶏肉の煮ころがしを作ったし、

ここ5年ケーシー高峰も玉川スミも寄席で観てないし、

オクラも植木の水やりも綾瀬はるかもアマンダ・セイフライドも大好きになったのはここ5年くらいで、

ここ5年合コンをやった記憶も

モテた記憶もない




要するに
なんでもありだし、

なんだかよくわからない。




わかっているのは

数字の話を嬉しそうにするやつは
あんまり信用しないに限る


ということくらいだ。








というわけで

その「おひさま」の続きで
ペンディングになっていた

一番気になる女の子の話。




陽子の少女時代を演じる八木優希

ではなく
(この子もファニーで可愛いのだけど)



そのお友だち役のユキを演じる

荒川ちか
chika_arakawa.jpg




未見なので一刻も早く観なくてはならない
ロシア映画(!)『ヤクザガール』では

100721_yg_00.jpg


ワイヤーアクションもロシア語もこなす主演を果たした

100721_yg_05.jpg


全世界(特に僕とロシア)が大注目の12歳






個人的には

グループ魂のPV「ラブラブエッサイム'82」での

鼻血少女で「なんだこの可愛いコは!!」と
衝撃を受けたのだけど
100721_gt_05s.jpg

残念なことに、今ネットでは観られなさそう。





その代り

素晴らしいものがあって


それはこの
「ナショナルジオグラフィック日本版15周年SPECIAL SITE
  わたしたちは、まだまだ、知らない」で観られる

WEBムービー
na15_3.jpg






泣きそうに可愛い。




これって
少女時代の「荒川ちか」篇だけでやれば

トッド・コールの撮った
エル・ファニングのショートムービーにも匹敵したのに.....


Rodarte-The Curve of Forgotten Things-thumb-450x258.jpg


ほんとにナショナルジオグラフィックのバカ!!!







というわけで


そのおかっぱ美少女っぷりが
『レオン』ナタリー・ポートマンを彷彿とさせ

img_1008851_25848827_1.jpeg



好きな言葉が「イチカバチカ」というくらい男前で
(ブログタイトルも同じく)


そして
ロシア基準でも美少女という
たぶんいま"世界に一番近そうな少女"


荒川ちか。
20100814215158.jpg




ユキ役で観られるのは
なんとなくあと数回な気がするので

そういう意味でも


初期「おひさま」は必見です。






↓パク
小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログのパクリ画像 (2011/04/06

http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/100721_yg_00.jpg


http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/100721_yg_05.jpg


http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/100721_gt_05s.jpg






↓ラレ
荒川ちか|「グループ魂 / ラブラブエッサイム'82」PV | tenslives (2010/07/21
http://blog-imgs-35-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/100721_yg_00.jpg


http://blog-imgs-35-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/100721_yg_05.jpg


http://blog-imgs-35-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/100721_gt_05s.jpg










↓パク
小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログ(2011/04/06



↓ラレ
当ブログ(2010/07/21





これもおそらく高視聴率の国民的ドラマで初めて知ってwikipediaや画像検索などにより得た情報を用い過去作(ことさらにややマニアックな作品を選び装飾する傾向があります)を取り上げて「以前から知ってたんだぞ!」アピールをするというお決まりのパターンの記事となっています。

いつものように盗用元として当ブログをパクって書かれたようです。




未見なので一刻も早く観なくてはならない
ロシア映画(!)『ヤクザガール』では



とありますが、パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)がこの記事を書かれた2011年04月の時点では『ヤクザガール』の日本公開は決まっておらず、観ることができるのかどうかさえわからない作品だったかと思います。
随分前の撮影ではあるが日本での公開に関してはまだ先、という危うい状況であるにもかかわらず、「未見なので一刻も早く観なくてはならない」という、まるで普通にレンタルで容易に観れる類の作品であるかのような妙な発言をされているのは、パクリ元である当ブログの記事がロシアでの公開を受けて2010年07月に書かれており、半年以上も前の記事だったので既に過去の作品であるかのようになにか勘違いされたのではないでしょうか。




個人的には

グループ魂のPV「ラブラブエッサイム'82」での

鼻血少女で「なんだこの可愛いコは!!」と
衝撃を受けたのだけど



ここでもまた「実は昔から注目してたんだぞ!」と言わんばかりに、プロフィールやwikipedia上に経歴として載っている過去作を持ち出すことで自身の主張する「目をつけるスピードの早さ」をアピールしています。
しかしそれらは全て後出しでありパクリによる虚飾でしかありません。












また、「アイドル界の目利き」ことパクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)はこれだけ荒川ちかさんを大絶賛し「大プッシュ中」としておきながら、どういうわけか八木優希さんと間違えていたようです。





一見すると前回のパクリ記事「気になる女の子④ 二階堂ふみ」と無関係に見えるこのパクリ記事「気になる女の子⑫ 荒川ちか」ですが、合わさることでさらなるパクリに繋がり連続技のパクリコンボを決めています。


(つづく)







小林司
編集者/妄撮P

講談社編集者/妄撮P/ミスiD実行委員長。カメラマンTommy氏とのコンビで手がける「妄撮®」シリーズから『水原希子フォトブック KIKO』『二階堂ふみフォトブック 進級できるかな。』『玉城ティナフォトブック Tina』まで、女の子もの書籍などを幅広く手がけ、2012年「ミスiD」を立ち上げる。
ミスiD2013、2014、2015選考委員





ミスiD - Wikipedia


歴代受賞者[編集]


ミスiD2013[編集]



ミスiD(アイドル)2013
ミスiD2013グランプリ玉城ティナ
ミスiD2013大場はるか(2014年8月にdropに加入)、夏江紘実木下綾菜さんみゅ〜)、塚本波彩西田藍
その他のファイナリスト天野麻菜安藤遥AppleTale)、入矢麻衣乙川郁笠原美香小池花瑠奈、杉山志穂 改め小鳥遊しほ、ソニア、谷一歩星名里香松尾和松雪ななゆづか姫脇山愛
その他の著名なセミファイナリスト[2]青山あみ(当時「青山亜美」)、井澤愛巴内野未来、小森未彩(A応P)、丸山夏鈴水城るな




ミスiD2014[編集]

この年より、応援サイトWebでの投票で1位になった候補者は無条件でミスiDに選出されることに改められた。また、小林が副編集長に就任[3]した『FRIDAY』誌上で受賞者が発表されている。

  • 応募資格:1981年4月1日 - 2001年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
    • 中村インディアは既婚者であることを隠して応募したため本来なら応募資格を満たさないが、最終選考で是非を問うという形になった[4]
  • 応募期間:2013年3月22日 - 2013年5月13日
  • 受賞者発表:2013年9月20日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青柳文子安藤美冬今泉力哉、大郷剛、草野絵美、小林司、佐武宇綺9nine、ミスマガジン2009読者特別賞、『開運音楽堂』番P[5])、島田陽一、少年アヤちゃん(「サゲマンJAPAN」代表)、竹中夏海、玉城ティナ、丹羽多聞アンドリウ、中村貞裕、夏野元嗣(エイジアハウス代表取締役、「Cure」編集長)、ヒャクタロウ、もふくちゃん、山崎まどか、柚木麻子吉田豪、レナ(バニラビーンズ
  • 応募者数2714人、セミファイナリスト51名、ファイナリスト35名(応援サイトWeb上位10名、選考委員選出20名)


ミスiD(アイドル)2014
ミスiD2014グランプリ蒼波純(2013年12月10日に受賞時の名前である「青波純」から改名)
ミスiD2014稲村亜美児山さくら寺嶋由芙(応援サイトWeb投票1位、元BiS)、マチルダ、本宮初芽渡賀レイチェル(2014年10月30日に受賞時の名前である「レイチェル」から改名[6]。それ以前からも「わたしがレイチェル」名で活動)
明日のアイドルの話をしよう賞中村インディアひのあゆみ(ひめむすひ)、細川唯
個人賞安藤美冬賞:木村仁美、今泉力也賞:京佳夢みるアドレセンス)、大郷剛賞:新田藍奈、佐武宇綺賞:河内美里、少年アヤちゃん賞:傳谷英里香ベイビーレイズ)、ヒャクタロウ賞:寺田御子(2014年に受賞時の名前である「藤井さやか」から改名[7])。山崎まどか賞「ユキサク」:水尻ユキ真山朔、柚木麻子賞:文月悠光、吉田豪賞:金子織江、レナ賞:山崎春佳、竹中夏海賞:石崎日梨
アマテラス特別賞加藤一華(元ステーション♪)、寺嶋由芙、細川唯、荒野もゆ小野紗也香新垣こづ枝
その他のファイナリスト小野口真央木村葉月小瀬田麻由小林リズム静麻波末永唯子、宗本花音里(のちにMaison book girlを結成、その後脱退)、奈々瀬宮澤咲希
その他の著名なセミファイナリスト[2]井元まほ(当時「井元真帆」)、喜多陽子




ミスiD2015[編集]

2014年8月1日発売の『FRIDAY』誌上で2015セミファイナリスト・60名が発表され[8]、翌8月2日の『東京アイドルフェスティバル2014』の「ミスiD2013-2015」ステージでお披露目された[9]

受賞者発表は当初2014年9月19日だったが[10]、グランプリ選出をめぐり議論が紛糾、追加審議を行った[11]ことから翌週に延期となった。

  • 応募資格:1982年4月2日 - 2002年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
  • 応募期間:2014年4月22日 - 2013年6月9日
  • 受賞者発表:2013年9月26日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、うしじまいい肉、大郷剛、大森靖子加藤一華(ミスiD 2014アマテラス賞、開運音楽堂 MissKaiun管理委員)、岸田メル木村ミサ(モデル、現むすびズム)、草野絵美、小林司、佐久間宣行、竹中夏海、tomad(Maltine Records主宰)、中田クルミ(モデル・女優)、中村貞裕、東佳苗(ニットデザイナー)、もふくちゃん、山戸結希、吉田豪
  • 選考協力:『FRIDAY』編集部、『ViVi』編集部
  • 応募者数約4000名、セミファイナリスト60名、ファイナリスト41名(うち応援サイトWeb上位10名)


ミスiD(アイドル)2015
ミスiD2015グランプリ金子理江水野しず
ミスiD2015黒宮れい近藤那央篠崎こころ(プティパ -petit pas!-)、都丸紗也華FYT)、緑川百々子(応援サイトWeb投票1位)、山田愛奈来夢
すべての女の子はアイドルである賞ファンタジスタさくらだ深海誉閃光プラネタゲート
個人賞[13]大郷剛賞・Tomad賞:中嶋春陽ジュネス☆プリンセス)、木村ミサ賞・竹中夏海賞:マーシュ彩(White Lace)、青山裕企賞:新井希美、東佳苗賞:甘夏ゆずバンドじゃないもん!)、安藤美冬賞:鈴木マリ、うしじまいい肉賞:篠崎こころ(※ミスiD2015と同時受賞)、大森靖子賞:桃香(当時Peach sugar snow)、加藤一華賞:井上苑子、岸田メル賞:天川宇宙(宇宙戦士ちゃん)、草野絵美賞:祝茉莉(ひめむすひ)、小林司賞:筒井のどか、佐久間宣行賞:伊藤麻希(LinQ)、中田クルミ賞:桝渕祥与、もふくちゃん賞:山本正華、山戸結希賞:堀越千史、吉田豪賞:楠みゆう(当時Sweet★Pastel)
アマテラス特別賞ヲガワササノ
その他のファイナリスト大原由衣子、奥村真友里(ひめキュンフルーツ缶)、工藤えりな(2015年1月にケドナニカ?に加入、同年8月末解散)、小宮一葉、咲村良子(現Phantom Voice)、鈴木えりか(PPP! PiXiON)、永野倫子、雛形羽衣(秋葉原ディアステージ)、前坂美結、増澤璃凜子みきちゅ、ミシェルアヤミ、矢川葵(のちにMaison book girl)、莉南
その他の著名なセミファイナリスト[2]伊藤桃、三条香月(当時CAMOUFLAGE)、のーでぃ、松川菜々花(FYT)[14]真奈水沢アリー、白川卯奈(ミスFLASH2016ファイナリスト)[15]


  • このほか、選考過程で落選した はのはなよが吉田豪の「個人賞をあげたかった」とのひとことから「ミスiD2015 吉田豪賞(非公式)」を名乗っている[16]。はなよはミスiDカフェ、ミスiDの部屋、ミスiDフェスなどといった関連イベントにも出演している。ミスiD2016にも応募、ファイナリストに選ばれている。
  • また、ぱいぱいでか美も書類審査後の面接で落選している[17]




ミスiD2016[編集]

2015年、小林が第一事業局第一戦略部に異動、ミスiDを専任で担当することになった[18]

選出方法に変更が加えられ、Twitterでの投稿内容、CHEERZのCHEER数、アー写.comの写真売上、YouTube動画の再生回数、選考委員の印象点を加味した総合点によりファイナリスト進出者を決定。但し、CHEERZ・アー写.comそれぞれ上位10名は無条件でファイナリスト入り。また、ファイナリストの中から、CHEERZ・アー写.com・YouTubeのポイント合計で1位となった者は無条件でミスiDを受賞。

2015年9月25日にセミファイナリスト、10月23日にファイナリスト、11月27日に各賞が発表された。ミスiD2016グランプリはミスiD2016受賞者9人の中から2016年1月17日に行われるお披露目イベントで発表される予定[19]

  • 応募資格:1980年4月2日 - 2004年4月1日生まれの女性。国籍、プロ・アマ、既婚・未婚などは不問。グラビア、女優、モデル、歌、ダンス、文学、漫画、アニメ、ゲーム、コスプレ、イラスト、詩、エッセイ、スポーツ、政治、哲学、写真、ファッション、デザイン、料理、作詞作曲、DJ、自撮り、その他自分の好きなジャンル、こだわり、表現を持っていること。誰かと似てないなにかがあること[20]
  • 応募期間:2015年7月1日 - 2015年8月9日
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、市川紗椰、大郷剛、大森靖子、岸田メル、小林司、佐久間宣行、ジェンファン(「Jenny Fax」デザイナー)、根本宗子(脚本家、「月刊「根本宗子」」主宰)、東佳苗、ファンタジスタさくらだ、吉田豪、やついいちろう、山崎まどか、山戸結希、山内マリコ
  • 応募者約4000名、セミファイナリスト114名、ファイナリスト61名。


ミスiD2016
ミスiD2016Iris、一ノ瀬みか(神宿)、菅本裕子(元HKT48)、大望、長澤茉里奈(放プリユース、ポイント1位)、藤野有理、保紫萌香、弓ライカ、ロカ
I♥JAPAN賞愛美菜デュジャン、VIENNA、林家つる子
私だけがいない賞すみれ
実行委員長特別賞南菜生(PassCode
個人賞青山裕企賞:瀬戸悠木、安藤美冬賞:町田彩夏、市川紗椰&東佳苗賞:祷キララ、大郷剛賞:堀井仁菜、大森靖子賞:中尾有伽、岸田メル賞:天音ほのか、佐久間宣行&シュエ・ジェンファン賞:葉月、ファンタジスタさくらだ賞:中尊寺まい(ベッド・イン)、根本宗子賞:さぃもん、やついいちろう賞:空野青空、山内マリコ賞:川村安奈、山崎まどか賞:annie the clumsy、吉田豪賞:丸山ゆか(丸山夏鈴の妹)[21]
CHEERZ賞中尊寺まい、柚餅子みこ、SHO-NO
アー写.com賞natsuki(エレクトリックリボン
ファイナリスト石川夏海(アキシブproject)、石塚汐花(アイドルカレッジ)、沖本蒼奈(マボロシ可憐GeNE)、尾崎桃子、上条なずな、工藤ちゃん、菜田彩佳(青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、齋藤里菜、サオリリス末永みゆ、SENA、たらを、長澤真彩、ナギノエナ、7A、乃亜、羽田朱里、はのはなよ、日乃まそら、姫川風子(ジュネス☆プリンセス)、ひらく、ぷりんちゃん、まきろん。、真中のぞみ(プティパ -petit pas!-)、柳統子、山下優奈、山田如凜(元青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、結城リナ、李南希、りさこ、瑠花
著名なセミファイナリスト[2]あんず(元あヴぁんだんど)、麻生智世(ウルトラガール)、井本まほ(ミスiD2014セミファイナリスト)、栗山夢衣、佐藤優香(フラップガールズスクール)、鈴木真実(元アリス十番)、瀧山あかね、長谷川愛里(乙女新党)、星なゆた(あヴぁんだんど)、町田有沙松永有紗、真奈(ミスiD2015セミファイナリスト)、山口愛実

ご存知、パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)が当ブログをパクって目利き自慢をしていたことで話題の「気になる女の子」シリーズ。
中には複数のエントリーに渡るパクリコンボも披露しています。
まずその第一段です。





気になる女の子④ 二階堂ふみ - 24Hours妄撮LIFE / TSUKASA KOBAYASHI | BLOG | TRANSIT GENERAL OFFICE INC.
http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/2011/02/post-975.php
(2011/02/23)

より引用


気になる女の子④ 二階堂ふみ (February 23, 2011)

はい、次は


ちょっとレベルの違う女の子いきます。



レベルというのは

たんに美少女とか
たんに可愛いとか

そういう生易しいものじゃないという意味で。




たとえて言えば

雑誌「映画秘宝」の2010年映画ベスト10に
1位2位を『息もできない』『ヒーローショー』

10位以内にも『キャタピラー』(!)
『ゾンビランド』(!)を入れ


おしゃれマガジン「SPUR」
新連載「りこりこ音楽帝国」では

1回目にモーモールギャバン、
2回目にローザ・ルクセンブルクを取り上げ、

ボ・ガンボスはルーツ・ミュージックぽいからローザのほうが好き」と
SPUR読者にはなんのこっちゃよくわからん話を
嬉しそうに語りまくる

怪人・成海璃子とは別のテイストながら


レベルとしてそのクラスに
異様な存在感を漂わせる

いわゆる

ちょっとふつーの女子と思って
なめてかかったら火傷するレベルの子。







はい、ドン! この子です。

images-5.jpeg





1994年、沖縄生まれの16歳。

あの「沖縄美女図鑑」に発掘された

imagesふみふみ-4.jpeg


ウチナンチュー美少女・二階堂ふみ

okinawanittponn.jpg





湖池屋「ポテトチップス」
阿部サダヲと共演したメガネ少女
fumicoあべsome.jpg


第一生命保険「幸せの道 卒業篇」では
セーラー服の美少女
100301e-71518.jpg


「モバゲータウン」では時任三郎の娘を演じ
110205_fumi_cm_02s.jpg



役所広司の初監督作『ガマの油』でヒロインに抜擢され
N0018183_l.jpg


「熱海の捜査官」では面白すぎるキャラ甘味レミーを演じ
“レミーを見るために「熱海」を見る”大人を急増させた
(→おれだ!!)
100814_atami_11s.jpgのサムネール画像
(しかも「気になる女の子④」三吉彩花と共演!)


という

これだけでも十分すごくて変なフィルモグラフィーなのだが



そんな彼女が
ついに覚醒の時を迎えるときが来た。

95c1ff04.JPGのサムネール画像

↑これは『ガマの油』PRのときの公式HPより。
(後ろに映ってるのは、スタイリストの壮太くんだよね?!)





あの神聖かまってちゃんを題材にした映画
『劇場版 神聖かまってちゃん
ロックンロールは鳴り止まないっ』


16歳にして

ついに完全な主演デビューするのである。

110222_fumi_kama.jpg


監督は『サイタマノラッパー』入江悠



掛け値なしに
いま日本映画界で三本の指に入る才能。


そして、この映画を撮るにあたっては
間違いなく世界中でもっともふさわしい才能


そんな入江監督をして

「“去年見た映画で一番印象に残っているのは?”という質問に
『動くな、死ね、甦れ!』(89年)を挙げたので
主演に決めました」
photうごくなo.jpgのサムネール画像

と言わしめたエピソードからして


ああ、もう。


なんか面倒くさくていい!!!



そして
否が応でも

伝説の予感がプンプンしてくるよ。




ちなみに所属事務所のSMAの

そのめんどうくさキャラっぷりを
いかんなく発揮していて



「自分の好きなところ、嫌いなところは?」
の質問に

「好きなところは、眼球がキレイ、声、くせ毛の髪。
あくびをすると、あまりかわいくない。そして、くしゃみもかわいくない。
嫌いなところは…ありません!
自分の嫌いなところを見つけても直しようがないし
仕方ないと思うんです。自分の全部が好きだし、全部が嫌いだし、
どちらも同じことですよね」



「これがないと生きていけない!というものは?」
には

「水、あめ玉、マンガ、本、ロック、パンク、クラシック、服、靴、銀魂…」



「これまでに読んだ本で一番のお気に入りは?」
には

「一番を決めることはできないんですが…
『人間失格』年に一回は読んでいます。 
小6の時に読んで意味が分からなかったけど、中1で読んでなんとなく分かって…。
本って、年齢や精神的に成長するにつれて、受ける印象や感覚が違ってくるのがおもしろいし、自分の成長の過程が見られるから、
同じ本を時間をあけて何度も読むのが好きです」

と、

これは実は恥ずかしながら

僕もまったく同じことを
高校卒業のときに思い立ち、三十歳になるくらいまでやっていた、

しかも全く同じ『人間失格』で!!!!という

戦慄のシンクロニシティな答えを披露。

しかもはるかに早熟!!



「落ち込んだり、悩んだりした時のストレス解消法、浮上法は?」
には

「口に出し続ける、そして、叫ぶ!そして、泣く!
毛皮のマリーズの『愛する or die』を聞きながら首を振ってます」

と、ティーン女子が答えるから最高な
気持ちよくパンクな答えまで披露してくれている。

(ちなみに一番好きなバンドはセックスピストルズ)




そんなわけで


とにかくたぶん

今年は二階堂ふみ、のブレイク年です。





大学の後輩の女子大生こまちちゃんも
そうメールしてくれたので

間違いない。




ちなみにいまのところ
いちばん好きな二階堂ふみは

「DOR@MO the MOVIE」第2弾のこれ。

352.jpg


岩田ユキ監督によるスキマスイッチのやつです。

ふみちゃんは第3話の猫のミーコ役。

100418_fumi_02.jpgのサムネール画像

100418_fumi_05.jpg




前髪ボブ最高。






↓パク
小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログ(2011/02/23



↓ラレ
当ブログ(2011/02/23 07:00








↓パク
小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログ(2011/02/23



↓ラレ
当ブログ(2010/08/14



小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)がこの記事の2日前に「気になる女の子② 新木優子」(2011/02/21)と題した同じく当ブログからのパクリ記事内において、「ちょっと日本的エロスたたえた美少女ですね」と評して新木優子さんの画像として紹介していた佐倉絵麻さんも出演していましたが全く気付かれてないようです。






↓パク
小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログ(2011/02/23



↓ラレ
当ブログ(2010/04/18



こちらもおそらく一年前に限定公開された「DOR@MO the MOVIE」第2弾としているその作品を観もせずに書かれていますね。
「第3話」は公式サイト、「猫のミーコ役」は当ブログからの参照にすぎません。
公式の表記だけみると3話のみと誤って捉えられがちですが以降も登場しています。

これまでの例でも「ちなみに~」と、自身で確認もせずに数々のパクリやただのwikipedia引用、はたまた勘違いでウンチクを述べていたように、「ちなみに~いちばん好きな」と称してややマニアックな過去の作品を挙げることで「詳しい俺凄いだろ!」感を出すのが狙いかと思いますので、今までの「DOR@MO」シリーズおよびケータイ音楽ドラマ「DOR@MO」第3弾の2作が「DOR@MO the MOVIE」第2弾として劇場公開された、という背景などの理解もされてないのではないでしょうか。







↓パク
小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログのパクリ画像まとめ (2011/02/23

http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/110222_fumi_kama.jpg


http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/110205_fumi_cm_02s.jpg


http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/100814_atami_11s.jpg


http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/100418_fumi_02.jpg


http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/100418_fumi_05.jpg






↓ラレ
二階堂ふみ|モバゲータウン CM 「いい大人の、モバゲー。」#11(裏) | tenslives (2011.02.23 07:00
http://blog-imgs-47-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/110222_fumi_kama.jpg



二階堂ふみ|モバゲータウン CM 「いい大人の、モバゲー。」#10 | tenslives (2011.02.05
http://blog-imgs-47-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/110205_fumi_cm_02s.jpg



「熱海の捜査官」#03 | tenslives (2010.08.14
http://blog-imgs-35-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/100814_atami_11s.jpg



二階堂ふみ|DOR@MO「8ミリメートル」 | tenslives (2010.04.18
http://blog-imgs-43-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/100418_fumi_02.jpg


http://blog-imgs-43-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/100418_fumi_05.jpg




以上、当ブログの4つのエントリーからそっくりそのままの画像含め取り上げている人物に対する言説を盗用して書かれた記事となっています。

おそらく、2011/02/23 07:00 の当ブログの記事を閲覧し、話題になりそうな作品にキャスティングされたという情報で初めて注目したパクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)が、ご自慢の目利きを披露している「気になる女の子」シリーズに使える!と即日パクって仕上げたのでしょう。
なぜならここで取り上げられている「話題の映画で主演」というニュースリリース自体は、この記事の2週間ほど前に出されており、パクリ元の当ブログ記事内でも表題のCM作品の<ついでに>軽く書かれた速報性のない情報であるからです。
にも関わらず、見事に当ブログが記事内で扱った直後、その日のうちに、当ブログ内の画像をそのまま盗用して「はい、ドン! この子です。」とパクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)はパクリブログで取り上げています。

そうです、この例においても、パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)の記事は当ブログのパクリであるため、全て後出しなのです。
そしてご丁寧に当ブログ内のその人物に対する過去記事をタグ検索などによりまるっと参照して、過去作や経歴に関する知識・情報量を増やし、「実は昔から注目してたんだぞ!」「俺の目利きは凄いぞ!」ということを誇示するためのパクリまとめ記事となっています。

また、自らの権威付けに勤しんでいるように、ある種の権威に弱いパクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)にとっては、「話題の映画で主演」という一報があったことで、乗っかるには絶好のタイミングと捉えたのでしょう。
「目利き自慢」「目をつけるスピードが早すぎる」と自称しながら、2008年から始まったパクリブログ内において2011/02/23までの間に一度も名前を出しておりません。


当ブログ内で垂れ流していた駄文を人物に対する評・考察というと大げさですがもっと漠然とした女優論・女優観といったようなものを「ネットで画像を拾う」のと同じように付随するネタとして同時に盗用していることが数多く見られます。
もちろんコピー&ペーストではないので、その一つ一つは些細な単語の一致程度にとどまりますが、そこかしこで同じ題材について同じ表現を用いて書かれた記事が、いかに自分が有能であるかを顕示したいがためにさも自分発信であるかのように装い量産されています。
そもそも画像自体が当ブログにアップされたものをそのまま拝借しているので、ただの参照にすぎないことは明らかです。
そしてそれらは主に過去の作品を提示しての「以前から知ってたんだぞ!」「あまりにも早すぎる俺凄いだろ!」アピールに使われています。

パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)が自ら何度も誇示し程度の低い信者を騙すことに用いていた「目利き自慢」「アンテナ感度」「スピードの早さ」といった意味不明なものの実態は、単に当ブログをパクることであったようです。

この時点(2011/02/23)で既に1年以上も前となっていた過去のインタビュー記事を持ち出すというのも、当ブログのパクリまとめであるからに他なりません。
パクリ元である当ブログ2010/04/18の記事内の展開をあとからパクって同じようになぞったために、1年後の今頃に知った今更な古いソースを俎上に載せて語っているのです。




ここからパクリコンボに続きます。


(つづく)







(参考)

上記がニセモノの方となります。


↓こちらがホンモノとなっております。










ミスiD - Wikipedia


歴代受賞者[編集]


ミスiD2013[編集]



ミスiD(アイドル)2013
ミスiD2013グランプリ玉城ティナ
ミスiD2013大場はるか(2014年8月にdropに加入)、夏江紘実木下綾菜さんみゅ〜)、塚本波彩西田藍
その他のファイナリスト天野麻菜安藤遥AppleTale)、入矢麻衣乙川郁笠原美香小池花瑠奈、杉山志穂 改め小鳥遊しほ、ソニア、谷一歩星名里香松尾和松雪ななゆづか姫脇山愛
その他の著名なセミファイナリスト[2]青山あみ(当時「青山亜美」)、井澤愛巴内野未来、小森未彩(A応P)、丸山夏鈴水城るな




ミスiD2014[編集]

この年より、応援サイトWebでの投票で1位になった候補者は無条件でミスiDに選出されることに改められた。また、小林が副編集長に就任[3]した『FRIDAY』誌上で受賞者が発表されている。

  • 応募資格:1981年4月1日 - 2001年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
    • 中村インディアは既婚者であることを隠して応募したため本来なら応募資格を満たさないが、最終選考で是非を問うという形になった[4]
  • 応募期間:2013年3月22日 - 2013年5月13日
  • 受賞者発表:2013年9月20日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青柳文子安藤美冬今泉力哉、大郷剛、草野絵美、小林司、佐武宇綺9nine、ミスマガジン2009読者特別賞、『開運音楽堂』番P[5])、島田陽一、少年アヤちゃん(「サゲマンJAPAN」代表)、竹中夏海、玉城ティナ、丹羽多聞アンドリウ、中村貞裕、夏野元嗣(エイジアハウス代表取締役、「Cure」編集長)、ヒャクタロウ、もふくちゃん、山崎まどか、柚木麻子吉田豪、レナ(バニラビーンズ
  • 応募者数2714人、セミファイナリスト51名、ファイナリスト35名(応援サイトWeb上位10名、選考委員選出20名)


ミスiD(アイドル)2014
ミスiD2014グランプリ蒼波純(2013年12月10日に受賞時の名前である「青波純」から改名)
ミスiD2014稲村亜美児山さくら寺嶋由芙(応援サイトWeb投票1位、元BiS)、マチルダ、本宮初芽渡賀レイチェル(2014年10月30日に受賞時の名前である「レイチェル」から改名[6]。それ以前からも「わたしがレイチェル」名で活動)
明日のアイドルの話をしよう賞中村インディアひのあゆみ(ひめむすひ)、細川唯
個人賞安藤美冬賞:木村仁美、今泉力也賞:京佳夢みるアドレセンス)、大郷剛賞:新田藍奈、佐武宇綺賞:河内美里、少年アヤちゃん賞:傳谷英里香ベイビーレイズ)、ヒャクタロウ賞:寺田御子(2014年に受賞時の名前である「藤井さやか」から改名[7])。山崎まどか賞「ユキサク」:水尻ユキ真山朔、柚木麻子賞:文月悠光、吉田豪賞:金子織江、レナ賞:山崎春佳、竹中夏海賞:石崎日梨
アマテラス特別賞加藤一華(元ステーション♪)、寺嶋由芙、細川唯、荒野もゆ小野紗也香新垣こづ枝
その他のファイナリスト小野口真央木村葉月小瀬田麻由小林リズム静麻波末永唯子、宗本花音里(のちにMaison book girlを結成、その後脱退)、奈々瀬宮澤咲希
その他の著名なセミファイナリスト[2]井元まほ(当時「井元真帆」)、喜多陽子




ミスiD2015[編集]

2014年8月1日発売の『FRIDAY』誌上で2015セミファイナリスト・60名が発表され[8]、翌8月2日の『東京アイドルフェスティバル2014』の「ミスiD2013-2015」ステージでお披露目された[9]

受賞者発表は当初2014年9月19日だったが[10]、グランプリ選出をめぐり議論が紛糾、追加審議を行った[11]ことから翌週に延期となった。

  • 応募資格:1982年4月2日 - 2002年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
  • 応募期間:2014年4月22日 - 2013年6月9日
  • 受賞者発表:2013年9月26日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、うしじまいい肉、大郷剛、大森靖子加藤一華(ミスiD 2014アマテラス賞、開運音楽堂 MissKaiun管理委員)、岸田メル木村ミサ(モデル、現むすびズム)、草野絵美、小林司、佐久間宣行、竹中夏海、tomad(Maltine Records主宰)、中田クルミ(モデル・女優)、中村貞裕、東佳苗(ニットデザイナー)、もふくちゃん、山戸結希、吉田豪
  • 選考協力:『FRIDAY』編集部、『ViVi』編集部
  • 応募者数約4000名、セミファイナリスト60名、ファイナリスト41名(うち応援サイトWeb上位10名)


ミスiD(アイドル)2015
ミスiD2015グランプリ金子理江水野しず
ミスiD2015黒宮れい近藤那央篠崎こころ(プティパ -petit pas!-)、都丸紗也華FYT)、緑川百々子(応援サイトWeb投票1位)、山田愛奈来夢
すべての女の子はアイドルである賞ファンタジスタさくらだ深海誉閃光プラネタゲート
個人賞[13]大郷剛賞・Tomad賞:中嶋春陽ジュネス☆プリンセス)、木村ミサ賞・竹中夏海賞:マーシュ彩(White Lace)、青山裕企賞:新井希美、東佳苗賞:甘夏ゆずバンドじゃないもん!)、安藤美冬賞:鈴木マリ、うしじまいい肉賞:篠崎こころ(※ミスiD2015と同時受賞)、大森靖子賞:桃香(当時Peach sugar snow)、加藤一華賞:井上苑子、岸田メル賞:天川宇宙(宇宙戦士ちゃん)、草野絵美賞:祝茉莉(ひめむすひ)、小林司賞:筒井のどか、佐久間宣行賞:伊藤麻希(LinQ)、中田クルミ賞:桝渕祥与、もふくちゃん賞:山本正華、山戸結希賞:堀越千史、吉田豪賞:楠みゆう(当時Sweet★Pastel)
アマテラス特別賞ヲガワササノ
その他のファイナリスト大原由衣子、奥村真友里(ひめキュンフルーツ缶)、工藤えりな(2015年1月にケドナニカ?に加入、同年8月末解散)、小宮一葉、咲村良子(現Phantom Voice)、鈴木えりか(PPP! PiXiON)、永野倫子、雛形羽衣(秋葉原ディアステージ)、前坂美結、増澤璃凜子みきちゅ、ミシェルアヤミ、矢川葵(のちにMaison book girl)、莉南
その他の著名なセミファイナリスト[2]伊藤桃、三条香月(当時CAMOUFLAGE)、のーでぃ、松川菜々花(FYT)[14]真奈水沢アリー、白川卯奈(ミスFLASH2016ファイナリスト)[15]


  • このほか、選考過程で落選した はのはなよが吉田豪の「個人賞をあげたかった」とのひとことから「ミスiD2015 吉田豪賞(非公式)」を名乗っている[16]。はなよはミスiDカフェ、ミスiDの部屋、ミスiDフェスなどといった関連イベントにも出演している。ミスiD2016にも応募、ファイナリストに選ばれている。
  • また、ぱいぱいでか美も書類審査後の面接で落選している[17]




ミスiD2016[編集]

2015年、小林が第一事業局第一戦略部に異動、ミスiDを専任で担当することになった[18]

選出方法に変更が加えられ、Twitterでの投稿内容、CHEERZのCHEER数、アー写.comの写真売上、YouTube動画の再生回数、選考委員の印象点を加味した総合点によりファイナリスト進出者を決定。但し、CHEERZ・アー写.comそれぞれ上位10名は無条件でファイナリスト入り。また、ファイナリストの中から、CHEERZ・アー写.com・YouTubeのポイント合計で1位となった者は無条件でミスiDを受賞。

2015年9月25日にセミファイナリスト、10月23日にファイナリスト、11月27日に各賞が発表された。ミスiD2016グランプリはミスiD2016受賞者9人の中から2016年1月17日に行われるお披露目イベントで発表される予定[19]

  • 応募資格:1980年4月2日 - 2004年4月1日生まれの女性。国籍、プロ・アマ、既婚・未婚などは不問。グラビア、女優、モデル、歌、ダンス、文学、漫画、アニメ、ゲーム、コスプレ、イラスト、詩、エッセイ、スポーツ、政治、哲学、写真、ファッション、デザイン、料理、作詞作曲、DJ、自撮り、その他自分の好きなジャンル、こだわり、表現を持っていること。誰かと似てないなにかがあること[20]
  • 応募期間:2015年7月1日 - 2015年8月9日
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、市川紗椰、大郷剛、大森靖子、岸田メル、小林司、佐久間宣行、ジェンファン(「Jenny Fax」デザイナー)、根本宗子(脚本家、「月刊「根本宗子」」主宰)、東佳苗、ファンタジスタさくらだ、吉田豪、やついいちろう、山崎まどか、山戸結希、山内マリコ
  • 応募者約4000名、セミファイナリスト114名、ファイナリスト61名。


ミスiD2016
ミスiD2016Iris、一ノ瀬みか(神宿)、菅本裕子(元HKT48)、大望、長澤茉里奈(放プリユース、ポイント1位)、藤野有理、保紫萌香、弓ライカ、ロカ
I♥JAPAN賞愛美菜デュジャン、VIENNA、林家つる子
私だけがいない賞すみれ
実行委員長特別賞南菜生(PassCode
個人賞青山裕企賞:瀬戸悠木、安藤美冬賞:町田彩夏、市川紗椰&東佳苗賞:祷キララ、大郷剛賞:堀井仁菜、大森靖子賞:中尾有伽、岸田メル賞:天音ほのか、佐久間宣行&シュエ・ジェンファン賞:葉月、ファンタジスタさくらだ賞:中尊寺まい(ベッド・イン)、根本宗子賞:さぃもん、やついいちろう賞:空野青空、山内マリコ賞:川村安奈、山崎まどか賞:annie the clumsy、吉田豪賞:丸山ゆか(丸山夏鈴の妹)[21]
CHEERZ賞中尊寺まい、柚餅子みこ、SHO-NO
アー写.com賞natsuki(エレクトリックリボン
ファイナリスト石川夏海(アキシブproject)、石塚汐花(アイドルカレッジ)、沖本蒼奈(マボロシ可憐GeNE)、尾崎桃子、上条なずな、工藤ちゃん、菜田彩佳(青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、齋藤里菜、サオリリス末永みゆ、SENA、たらを、長澤真彩、ナギノエナ、7A、乃亜、羽田朱里、はのはなよ、日乃まそら、姫川風子(ジュネス☆プリンセス)、ひらく、ぷりんちゃん、まきろん。、真中のぞみ(プティパ -petit pas!-)、柳統子、山下優奈、山田如凜(元青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、結城リナ、李南希、りさこ、瑠花
著名なセミファイナリスト[2]あんず(元あヴぁんだんど)、麻生智世(ウルトラガール)、井本まほ(ミスiD2014セミファイナリスト)、栗山夢衣、佐藤優香(フラップガールズスクール)、鈴木真実(元アリス十番)、瀧山あかね、長谷川愛里(乙女新党)、星なゆた(あヴぁんだんど)、町田有沙松永有紗、真奈(ミスiD2015セミファイナリスト)、山口愛実

「アイドル界の目利き」(小林司 (編集者) - Wikipedia より)こと、パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)による剽窃行為はとどまるところを知りません。

今回は、その「目利き自慢」が他人からの完全なる盗用であるが故に、対象に関する情報の蓄積がされてなく知識不足を露呈し、そしてそのことに全く気付いてさえいないという愉快な例を紹介します。





気になる女の子② 新木優子 - 24Hours妄撮LIFE / TSUKASA KOBAYASHI | BLOG | TRANSIT GENERAL OFFICE INC.
http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/2011/02/post-966.php
(2011/02/21)

より引用


気になる女の子② 新木優子 (February 21, 2011)

その2、新木優子

240.L.jpg







『告白』『嘘つきみーちゃんと壊れたまーちゃん』にも

スタダ枠で出てましたが


そんな枠じゃなくても


これからグングン来そうな17歳

gr05.jpg





いま、NTTドコモ 応援学割「操縦男子」篇に出てます。


110206_yuko_cm_03s.jpgのサムネール画像


110206_yuko_cm_05s.jpg




こういう

見ているだけで気持ちが凛としてくる


ジャパニーズガールらしいジャパニーズガール



20091030024835.jpg

20091030024833.jpg


ちょっと日本的エロスたたえた
美少女ですね。




何度も言うけど



思い切って


日本は女の子を輸出すべきだよ


最強コンテンツなんだから。






また出ました。

ご存知、パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)がご自慢の目利きを披露することで話題の「気になる女の子」シリーズ。
これらのほとんどが当ブログからの盗用で成り立っていたようですね。
まるでコピペまとめサイトです。




小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログの画像 (2011/02/21

http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/assets_c/2011/02/110206_yuko_cm_03s-thumb-400x225.jpg


http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/110206_yuko_cm_05s.jpg





新木優子|docomo 応援学割 CM | tenslives (2011/02/07 20:00
http://blog-imgs-47-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/110206_yuko_cm_03s.jpg


http://blog-imgs-47-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/110206_yuko_cm_05s.jpg




パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)の「気になる女の子② 新木優子」と題した記事は、その2週間前にポストされた当ブログのエントリーを即座にパクって書かれたようです。
これだけ同一ソースからパクってるのも凄いですが、実態としては他にも様々なところから盗んできた他人の言葉のツギハギパッチワークにより構成されているのかもしれませんね。


引用・参照であることを隠し、自身の目利き自慢としてそのままパクって取り上げ、画像検索やwikipediaで得た薄い知識で過去の作品を持ち出し「以前から知っていた」アピールをする、というのが大まかな手順のようです。









さて、それではここで細部を見ていきましょう。




小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログ (2011/02/21)




まず、この世代のスターダスト所属の方々を紹介する際に、電脳サブカルマガジンOG「OG STUDIO」(のちに OCNジャーナル「グラビアFILE」 → OCN TODAY「今日の美少女写真」 と、OCNウェブマガジンサイトの統合・リニューアルにより名称変更される)の画像を持ち出す人は要注意です。
これらのグラビアコンテンツは画像検索で上位であったのかリブログにより広く拡散されていたのか、たいへん「拾いやすい画像」となっていて、デビュー時ぐらいの初期に撮られた古い画像である場合が多いにも関わらず、時系列を理解していない人がそれとは知らずに貼りがちな傾向にあります。

この画像は2009年頃のものだったかと思いますが、パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)もその例に漏れず、「これからグングン来そうな17歳」と評しながら貼ってる画像は記事が書かれた2年も前のものとなっています。




『告白』『嘘つきみーちゃんと壊れたまーちゃん』にも
スタダ枠で出てましたが



という一文。

「にも~出てましたが」という表現に、「以前から知ってたんだぞ!」感をたっぷりと乗せていますね。



確かに公式プロフィール及びwikipediaによると新木優子さんは映画『告白』に出演していることになっています。

これ、長らく疑問に思っていたのですが、では一体どのシーンなのでしょうか?
誰か確認されてませんかね?

ぼくは当時、その姿をスクリーンで見つけることはできませんでした。
モブの他クラス生徒役の 伊藤夏帆/春日南歩/西埜実見/細谷理紗/和川未優 さんの出演シーンを3度目の鑑賞にてようやく把握できたぐらいですので、探し方が悪かったのだと思います。
なにぶん、一時停止も巻き戻しもできませんので。

また、これもただの見落としや勘違いかもしれませんが、そもそも、エンドロールに新木優子さんのお名前はクレジットされていなかったように記憶しています。

wikipediaの正確性については無論のこと、公式の記載が間違っている、ということもあり得ることです。



この情報について、万能なインターネット検索を用いて調べてみたところ、

【ドラゴン青年団】新木優子の画像30枚超★【告白】【応援学割】 - NAVER まとめ

のようなクソまとめやトレンド乞食らによる大量のトレンドアフィリエイトブログなどで経歴としてwikipedia引用で書かれている以外では、





というツイートぐらいでしか言及されていませんでした。

このアカウントは拝見したところアイドルブログの更新情報とその内容についてのオウム返し感想を述べるbotかとも思ったのですが、RTとテレビの実況をメインにされているようですので、リプ厨やブログコメンテーターとは異なる無害なザ・在宅といった感じですね。

検索したところ他にも@sandygemmieさんはこのツイートの2年後に「優子ちゃんは見つけるのが大変ですけど」ともつぶやかれてましたので、見つけたのでしたらぜひ教えてほしいです。詳しい情報お待ちしています。









小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログ (2011/02/21)




おそらく画像検索で得た画像に対して、たまたま道着姿であったために短絡的に「ジャパニーズガール」と評しているものと思われます。


しかし、パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)が「気になる女の子② 新木優子」と題した記事内で新木優子さんに対して「ちょっと日本的エロスたたえた美少女ですね」と見解を述べているその画像の女の子は、新木優子さんではありません。




誰がどう見ても佐倉絵麻さんですね。


この画像は「D-51 / Lady Don't Cry」MVのワンシーンですが、弓道女子2人が登場し、主人公を佐倉絵麻さんが務め、新木優子さんはライバル役ですので、仮に佐倉絵麻さんをご存知でなくてもどちらがそうであるかは、普通、見れば分かります。






また、佐倉絵麻さんは同曲シングルのジャケットモデルにもなっていて、それが新木優子さんでないことは、普通、見れば分かります。
そういった、作品にまつわる経緯・文脈を通過していれば、間違いようのないことです。
時系列を抑える、というのはそういうことです。



このように、取り上げている人物に対して顔の認識・判別が全くできていないどころか、「拾った画像」の出典元が何時の何の画像であるのかさえまるで理解なく書かれています。

それはパクリによる「目利き自慢」で自分をことさらに大きく見せようと粉飾したところで、本質的に知見を有していないからです。




それと、ここからはパクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)による剽窃行為とは無関係にこのMVに関する補足を少々。

たぶんこのMVで新木優子さんの物語的に重要なのはマルバツを付ける係役でワンカットだけ映る臼井千晶さんじゃないかなと思います。
その後映画『ゆるせない、逢いたい』でも共演することになるわけですが、今では何十万というフォロワー数になったInstagramにたびたび登場させている ちあき という名のお友達について、一体どれだけの数のファンが認識しているのだろうかと考えてしまいますね。
それは誰の目に触れることもなかった映画に費やした 少女たち の貴重な時間ぐらい今となっては無意味なことかもしれません。








小林司
編集者/妄撮P

講談社編集者/妄撮P/ミスiD実行委員長。カメラマンTommy氏とのコンビで手がける「妄撮®」シリーズから『水原希子フォトブック KIKO』『二階堂ふみフォトブック 進級できるかな。』『玉城ティナフォトブック Tina』まで、女の子もの書籍などを幅広く手がけ、2012年「ミスiD」を立ち上げる。
ミスiD2013、2014、2015選考委員





ミスiD - Wikipedia


歴代受賞者[編集]


ミスiD2013[編集]



ミスiD(アイドル)2013
ミスiD2013グランプリ玉城ティナ
ミスiD2013大場はるか(2014年8月にdropに加入)、夏江紘実木下綾菜さんみゅ〜)、塚本波彩西田藍
その他のファイナリスト天野麻菜安藤遥AppleTale)、入矢麻衣乙川郁笠原美香小池花瑠奈、杉山志穂 改め小鳥遊しほ、ソニア、谷一歩星名里香松尾和松雪ななゆづか姫脇山愛
その他の著名なセミファイナリスト[2]青山あみ(当時「青山亜美」)、井澤愛巴内野未来、小森未彩(A応P)、丸山夏鈴水城るな




ミスiD2014[編集]

この年より、応援サイトWebでの投票で1位になった候補者は無条件でミスiDに選出されることに改められた。また、小林が副編集長に就任[3]した『FRIDAY』誌上で受賞者が発表されている。

  • 応募資格:1981年4月1日 - 2001年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
    • 中村インディアは既婚者であることを隠して応募したため本来なら応募資格を満たさないが、最終選考で是非を問うという形になった[4]
  • 応募期間:2013年3月22日 - 2013年5月13日
  • 受賞者発表:2013年9月20日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青柳文子安藤美冬今泉力哉、大郷剛、草野絵美、小林司、佐武宇綺9nine、ミスマガジン2009読者特別賞、『開運音楽堂』番P[5])、島田陽一、少年アヤちゃん(「サゲマンJAPAN」代表)、竹中夏海、玉城ティナ、丹羽多聞アンドリウ、中村貞裕、夏野元嗣(エイジアハウス代表取締役、「Cure」編集長)、ヒャクタロウ、もふくちゃん、山崎まどか、柚木麻子吉田豪、レナ(バニラビーンズ
  • 応募者数2714人、セミファイナリスト51名、ファイナリスト35名(応援サイトWeb上位10名、選考委員選出20名)


ミスiD(アイドル)2014
ミスiD2014グランプリ蒼波純(2013年12月10日に受賞時の名前である「青波純」から改名)
ミスiD2014稲村亜美児山さくら寺嶋由芙(応援サイトWeb投票1位、元BiS)、マチルダ、本宮初芽渡賀レイチェル(2014年10月30日に受賞時の名前である「レイチェル」から改名[6]。それ以前からも「わたしがレイチェル」名で活動)
明日のアイドルの話をしよう賞中村インディアひのあゆみ(ひめむすひ)、細川唯
個人賞安藤美冬賞:木村仁美、今泉力也賞:京佳夢みるアドレセンス)、大郷剛賞:新田藍奈、佐武宇綺賞:河内美里、少年アヤちゃん賞:傳谷英里香ベイビーレイズ)、ヒャクタロウ賞:寺田御子(2014年に受賞時の名前である「藤井さやか」から改名[7])。山崎まどか賞「ユキサク」:水尻ユキ真山朔、柚木麻子賞:文月悠光、吉田豪賞:金子織江、レナ賞:山崎春佳、竹中夏海賞:石崎日梨
アマテラス特別賞加藤一華(元ステーション♪)、寺嶋由芙、細川唯、荒野もゆ小野紗也香新垣こづ枝
その他のファイナリスト小野口真央木村葉月小瀬田麻由小林リズム静麻波末永唯子、宗本花音里(のちにMaison book girlを結成、その後脱退)、奈々瀬宮澤咲希
その他の著名なセミファイナリスト[2]井元まほ(当時「井元真帆」)、喜多陽子




ミスiD2015[編集]

2014年8月1日発売の『FRIDAY』誌上で2015セミファイナリスト・60名が発表され[8]、翌8月2日の『東京アイドルフェスティバル2014』の「ミスiD2013-2015」ステージでお披露目された[9]

受賞者発表は当初2014年9月19日だったが[10]、グランプリ選出をめぐり議論が紛糾、追加審議を行った[11]ことから翌週に延期となった。

  • 応募資格:1982年4月2日 - 2002年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
  • 応募期間:2014年4月22日 - 2013年6月9日
  • 受賞者発表:2013年9月26日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、うしじまいい肉、大郷剛、大森靖子加藤一華(ミスiD 2014アマテラス賞、開運音楽堂 MissKaiun管理委員)、岸田メル木村ミサ(モデル、現むすびズム)、草野絵美、小林司、佐久間宣行、竹中夏海、tomad(Maltine Records主宰)、中田クルミ(モデル・女優)、中村貞裕、東佳苗(ニットデザイナー)、もふくちゃん、山戸結希、吉田豪
  • 選考協力:『FRIDAY』編集部、『ViVi』編集部
  • 応募者数約4000名、セミファイナリスト60名、ファイナリスト41名(うち応援サイトWeb上位10名)


ミスiD(アイドル)2015
ミスiD2015グランプリ金子理江水野しず
ミスiD2015黒宮れい近藤那央篠崎こころ(プティパ -petit pas!-)、都丸紗也華FYT)、緑川百々子(応援サイトWeb投票1位)、山田愛奈来夢
すべての女の子はアイドルである賞ファンタジスタさくらだ深海誉閃光プラネタゲート
個人賞[13]大郷剛賞・Tomad賞:中嶋春陽ジュネス☆プリンセス)、木村ミサ賞・竹中夏海賞:マーシュ彩(White Lace)、青山裕企賞:新井希美、東佳苗賞:甘夏ゆずバンドじゃないもん!)、安藤美冬賞:鈴木マリ、うしじまいい肉賞:篠崎こころ(※ミスiD2015と同時受賞)、大森靖子賞:桃香(当時Peach sugar snow)、加藤一華賞:井上苑子、岸田メル賞:天川宇宙(宇宙戦士ちゃん)、草野絵美賞:祝茉莉(ひめむすひ)、小林司賞:筒井のどか、佐久間宣行賞:伊藤麻希(LinQ)、中田クルミ賞:桝渕祥与、もふくちゃん賞:山本正華、山戸結希賞:堀越千史、吉田豪賞:楠みゆう(当時Sweet★Pastel)
アマテラス特別賞ヲガワササノ
その他のファイナリスト大原由衣子、奥村真友里(ひめキュンフルーツ缶)、工藤えりな(2015年1月にケドナニカ?に加入、同年8月末解散)、小宮一葉、咲村良子(現Phantom Voice)、鈴木えりか(PPP! PiXiON)、永野倫子、雛形羽衣(秋葉原ディアステージ)、前坂美結、増澤璃凜子みきちゅ、ミシェルアヤミ、矢川葵(のちにMaison book girl)、莉南
その他の著名なセミファイナリスト[2]伊藤桃、三条香月(当時CAMOUFLAGE)、のーでぃ、松川菜々花(FYT)[14]真奈水沢アリー、白川卯奈(ミスFLASH2016ファイナリスト)[15]


  • このほか、選考過程で落選した はのはなよが吉田豪の「個人賞をあげたかった」とのひとことから「ミスiD2015 吉田豪賞(非公式)」を名乗っている[16]。はなよはミスiDカフェ、ミスiDの部屋、ミスiDフェスなどといった関連イベントにも出演している。ミスiD2016にも応募、ファイナリストに選ばれている。
  • また、ぱいぱいでか美も書類審査後の面接で落選している[17]




ミスiD2016[編集]

2015年、小林が第一事業局第一戦略部に異動、ミスiDを専任で担当することになった[18]

選出方法に変更が加えられ、Twitterでの投稿内容、CHEERZのCHEER数、アー写.comの写真売上、YouTube動画の再生回数、選考委員の印象点を加味した総合点によりファイナリスト進出者を決定。但し、CHEERZ・アー写.comそれぞれ上位10名は無条件でファイナリスト入り。また、ファイナリストの中から、CHEERZ・アー写.com・YouTubeのポイント合計で1位となった者は無条件でミスiDを受賞。

2015年9月25日にセミファイナリスト、10月23日にファイナリスト、11月27日に各賞が発表された。ミスiD2016グランプリはミスiD2016受賞者9人の中から2016年1月17日に行われるお披露目イベントで発表される予定[19]

  • 応募資格:1980年4月2日 - 2004年4月1日生まれの女性。国籍、プロ・アマ、既婚・未婚などは不問。グラビア、女優、モデル、歌、ダンス、文学、漫画、アニメ、ゲーム、コスプレ、イラスト、詩、エッセイ、スポーツ、政治、哲学、写真、ファッション、デザイン、料理、作詞作曲、DJ、自撮り、その他自分の好きなジャンル、こだわり、表現を持っていること。誰かと似てないなにかがあること[20]
  • 応募期間:2015年7月1日 - 2015年8月9日
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、市川紗椰、大郷剛、大森靖子、岸田メル、小林司、佐久間宣行、ジェンファン(「Jenny Fax」デザイナー)、根本宗子(脚本家、「月刊「根本宗子」」主宰)、東佳苗、ファンタジスタさくらだ、吉田豪、やついいちろう、山崎まどか、山戸結希、山内マリコ
  • 応募者約4000名、セミファイナリスト114名、ファイナリスト61名。


ミスiD2016
ミスiD2016Iris、一ノ瀬みか(神宿)、菅本裕子(元HKT48)、大望、長澤茉里奈(放プリユース、ポイント1位)、藤野有理、保紫萌香、弓ライカ、ロカ
I♥JAPAN賞愛美菜デュジャン、VIENNA、林家つる子
私だけがいない賞すみれ
実行委員長特別賞南菜生(PassCode
個人賞青山裕企賞:瀬戸悠木、安藤美冬賞:町田彩夏、市川紗椰&東佳苗賞:祷キララ、大郷剛賞:堀井仁菜、大森靖子賞:中尾有伽、岸田メル賞:天音ほのか、佐久間宣行&シュエ・ジェンファン賞:葉月、ファンタジスタさくらだ賞:中尊寺まい(ベッド・イン)、根本宗子賞:さぃもん、やついいちろう賞:空野青空、山内マリコ賞:川村安奈、山崎まどか賞:annie the clumsy、吉田豪賞:丸山ゆか(丸山夏鈴の妹)[21]
CHEERZ賞中尊寺まい、柚餅子みこ、SHO-NO
アー写.com賞natsuki(エレクトリックリボン
ファイナリスト石川夏海(アキシブproject)、石塚汐花(アイドルカレッジ)、沖本蒼奈(マボロシ可憐GeNE)、尾崎桃子、上条なずな、工藤ちゃん、菜田彩佳(青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、齋藤里菜、サオリリス末永みゆ、SENA、たらを、長澤真彩、ナギノエナ、7A、乃亜、羽田朱里、はのはなよ、日乃まそら、姫川風子(ジュネス☆プリンセス)、ひらく、ぷりんちゃん、まきろん。、真中のぞみ(プティパ -petit pas!-)、柳統子、山下優奈、山田如凜(元青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、結城リナ、李南希、りさこ、瑠花
著名なセミファイナリスト[2]あんず(元あヴぁんだんど)、麻生智世(ウルトラガール)、井本まほ(ミスiD2014セミファイナリスト)、栗山夢衣、佐藤優香(フラップガールズスクール)、鈴木真実(元アリス十番)、瀧山あかね、長谷川愛里(乙女新党)、星なゆた(あヴぁんだんど)、町田有沙松永有紗、真奈(ミスiD2015セミファイナリスト)、山口愛実

週刊パクリ小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)。

3回ぐらいで本題の「昔コメントで教えていただいた最初に知ったパクリ」に行くかと思っていたら、あまりにもパクられすぎててなかなか辿りつけません。。。
パクリブログのログ読むの面倒でしたので http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/ 以下の階層の画像ファイル取得して眺めてみたら大量に出てきたのでした。





妄撮P阿佐ヶ谷イベントでの「2013年くる女の子 BEST50弱」こんな感じでした。 - 24Hours妄撮LIFE / TSUKASA KOBAYASHI | BLOG | TRANSIT GENERAL OFFICE INC.
http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/2012/12/2013-30.php
(2012/12/30)

より引用


妄撮P阿佐ヶ谷イベントでの「2013年くる女の子 BEST50弱」こんな感じでした。 (December 30, 2012)

阿佐ヶ谷ロフトAイベント


「妄撮P presents

おれの愛する女たち2013

〜本人降臨しまくりスペシャル〜」



終わりました。




(略)




ベストオブ・妹

広瀬すず 

広瀬すず.jpg


いま世界でいちばん可愛い「妹」。
姐はおなじSTモデルの広瀬アリス。


僕はすずのお兄さんになりたい、アリスの弟になりたい。
それだけが来世の願いです。

tumblr_m5y88bsIy41qbw5qso1_r1_500.jpg




(略)




あ、そして最後に。


今回の企画・構成・進行をやってくれた

竹下くん、ほんとうにお疲れさまでした。



彼のやっている



ama.jpeg



可愛い女の子へのヘタレ愛が満ちた

とても素晴らしいメディアです。






自ら有識者を名乗り “くる” とかいうもはや古すぎる価値観を基準とした流行りの感知速度をじまんしあうサブカルイベントのようです。




↓パク
小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログ(2012/12/30)



↓ラレ
当ブログ(2012/11/25)




しょうもないネタの改変パクリ例。
何かにつけて逐一一致する表現、それらが全て当ブログより後に書かれているのが不思議なところです。




http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/広瀬すず.jpg
広瀬すず.jpg





広瀬すず|B.L.T. U-17 Vol.23 | tenslives (2012/08/11)
http://blog-imgs-51-origin.fc2.com/t/e/n/tenslives/120809_suzus.jpg




画像も当然、当ブログにかつて貼られていたものです。
月日が経ちすでに拡散した後だとファイルネームがそのままでないことも多いようです。
ようするに小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)がご自慢の早さを発揮できずにパクるのが遅いと、ネットで画像を拾う際にTumblrなどでリブログされたようなコピーのコピーのコピー…となっているのではないかと思われます。



なお、「当ブログの画像」と言っても、もちろん何かの権利を主張するわけではありませんので、念のため。
これらは勝手に放送波から切り出したキャプチャだったり雑誌のスキャンだったりとただの無断コピーですからね。
キャプチャとかだと誰がやっても同じだろって感じで確かにそうですが、ほぼ全ての画像に対して何かと手を加えていたり、セレクトやレタッチにもクセが出るので、自分が用意してネットに置いたものは見れば分かります。(例えば複数人のショットでメインの子のいい表情を選んだら隣の子が半目だったりとあんまりな瞬間だった場合は可哀想なので前後のフレームからその子もなるべくいいものを選んで無駄に合成してたりと、存在しないカットを捏造することだってあります)

それと、出典元のタイトルや放送日などの日付は重要な情報だと思っているので明記しておくのですが、トレンド乞食な方々や美少女画像bot系の「ネットで拾った画像」を使用する際の時系列の踏まえなさ、あとから参照する人々による文脈無関係の拡散具合をみるに、大抵の人には何時の何の画像であるのかというような情報はあまり必要ないみたいですね。







飛び火回避。

上記小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリイベントの主催として紹介されている「甘噛みマガジン」というサイト、なんか見たとこあるなと思ったら、以前、次のような記事を書かれていたサイトでした。




ドラマ「幽かな彼女」に出演! 「ニコラ」モデル黒崎レイナちゃんがポスト二階堂ふみすぎる | 甘噛みマガジン (2013/04/11)

130410_kasu_20

ポスト二階堂ふみ最右翼──。フジテレビ系ドラマ「幽かな彼女」が4月9日スタートした。広瀬すずを筆頭に、荒川ちか、山本舞香、未来穂香ら今年ブレイク間違いなしのフレッシュな女優が多数出演している必見のドラマ。そのなかでも本誌が“推せる”と確信したのが、1998年生まれ、現在14歳の新人女優、黒崎レイナ。新垣結衣らを輩出したファッション誌「ニコラ」にてティーンの注目をすでに集める彼女は、キリっとした表情丸顔・つぶらな瞳・丸っこいお鼻・地黒のコラボが二階堂ふみのそれを思わせ、すでに女優ウォッチャーのなかでは話題になっている。今後の活躍に期待だ。





「すでに女優ウォッチャーのなかでは話題になっている」
という一文があるように、サイゾーさんなどでよくある「ネットユーザーの声」みたいなやつですかね?、他サイトからの引用や流行ってる話題なんかを紹介するなんとかメディアの類らしく、

「幽かな彼女」#01 | tenslives (2013/04/10)
この、当ブログの記事に影響されて、直後にアップされた記事のようです。


検索かけたらこの方は当ブログを参照している旨も何度か公言していただいているみたいですので、何かの情報源としてお役に立ててなによりです。
こんなクソみたいな素人の個人ブログを参考にしてご紹介していただき、ありがとうございました。



引用すること、参照すること、影響を受けること、人の好きを真似ること、処世術としてのミラーリング、これらは当たり前のごく普通のことかと思います。

小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)の剽窃行為が決定的なのは、いわば生業としている分野に対して自身の権威付けや自己顕示のために他からの模倣にすぎないことをひた隠しにしさも自分発信のごとく装いパクリ続けていた、ということです。



それにしても、あまり把握してませんでしたがこの界隈のtensくんフォロワー率に吃驚です。
しかしながらこれまで何の恩恵も受けていないし誰とも利害関係にありません。







小林司
編集者/妄撮P

講談社編集者/妄撮P/ミスiD実行委員長。カメラマンTommy氏とのコンビで手がける「妄撮®」シリーズから『水原希子フォトブック KIKO』『二階堂ふみフォトブック 進級できるかな。』『玉城ティナフォトブック Tina』まで、女の子もの書籍などを幅広く手がけ、2012年「ミスiD」を立ち上げる。
ミスiD2013、2014、2015選考委員





ミスiD - Wikipedia


歴代受賞者[編集]


ミスiD2013[編集]



ミスiD(アイドル)2013
ミスiD2013グランプリ玉城ティナ
ミスiD2013大場はるか(2014年8月にdropに加入)、夏江紘実木下綾菜さんみゅ〜)、塚本波彩西田藍
その他のファイナリスト天野麻菜安藤遥AppleTale)、入矢麻衣乙川郁笠原美香小池花瑠奈、杉山志穂 改め小鳥遊しほ、ソニア、谷一歩星名里香松尾和松雪ななゆづか姫脇山愛
その他の著名なセミファイナリスト[2]青山あみ(当時「青山亜美」)、井澤愛巴内野未来、小森未彩(A応P)、丸山夏鈴水城るな




ミスiD2014[編集]

この年より、応援サイトWebでの投票で1位になった候補者は無条件でミスiDに選出されることに改められた。また、小林が副編集長に就任[3]した『FRIDAY』誌上で受賞者が発表されている。

  • 応募資格:1981年4月1日 - 2001年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
    • 中村インディアは既婚者であることを隠して応募したため本来なら応募資格を満たさないが、最終選考で是非を問うという形になった[4]
  • 応募期間:2013年3月22日 - 2013年5月13日
  • 受賞者発表:2013年9月20日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青柳文子安藤美冬今泉力哉、大郷剛、草野絵美、小林司、佐武宇綺9nine、ミスマガジン2009読者特別賞、『開運音楽堂』番P[5])、島田陽一、少年アヤちゃん(「サゲマンJAPAN」代表)、竹中夏海、玉城ティナ、丹羽多聞アンドリウ、中村貞裕、夏野元嗣(エイジアハウス代表取締役、「Cure」編集長)、ヒャクタロウ、もふくちゃん、山崎まどか、柚木麻子吉田豪、レナ(バニラビーンズ
  • 応募者数2714人、セミファイナリスト51名、ファイナリスト35名(応援サイトWeb上位10名、選考委員選出20名)


ミスiD(アイドル)2014
ミスiD2014グランプリ蒼波純(2013年12月10日に受賞時の名前である「青波純」から改名)
ミスiD2014稲村亜美児山さくら寺嶋由芙(応援サイトWeb投票1位、元BiS)、マチルダ、本宮初芽渡賀レイチェル(2014年10月30日に受賞時の名前である「レイチェル」から改名[6]。それ以前からも「わたしがレイチェル」名で活動)
明日のアイドルの話をしよう賞中村インディアひのあゆみ(ひめむすひ)、細川唯
個人賞安藤美冬賞:木村仁美、今泉力也賞:京佳夢みるアドレセンス)、大郷剛賞:新田藍奈、佐武宇綺賞:河内美里、少年アヤちゃん賞:傳谷英里香ベイビーレイズ)、ヒャクタロウ賞:寺田御子(2014年に受賞時の名前である「藤井さやか」から改名[7])。山崎まどか賞「ユキサク」:水尻ユキ真山朔、柚木麻子賞:文月悠光、吉田豪賞:金子織江、レナ賞:山崎春佳、竹中夏海賞:石崎日梨
アマテラス特別賞加藤一華(元ステーション♪)、寺嶋由芙、細川唯、荒野もゆ小野紗也香新垣こづ枝
その他のファイナリスト小野口真央木村葉月小瀬田麻由小林リズム静麻波末永唯子、宗本花音里(のちにMaison book girlを結成、その後脱退)、奈々瀬宮澤咲希
その他の著名なセミファイナリスト[2]井元まほ(当時「井元真帆」)、喜多陽子




ミスiD2015[編集]

2014年8月1日発売の『FRIDAY』誌上で2015セミファイナリスト・60名が発表され[8]、翌8月2日の『東京アイドルフェスティバル2014』の「ミスiD2013-2015」ステージでお披露目された[9]

受賞者発表は当初2014年9月19日だったが[10]、グランプリ選出をめぐり議論が紛糾、追加審議を行った[11]ことから翌週に延期となった。

  • 応募資格:1982年4月2日 - 2002年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
  • 応募期間:2014年4月22日 - 2013年6月9日
  • 受賞者発表:2013年9月26日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、うしじまいい肉、大郷剛、大森靖子加藤一華(ミスiD 2014アマテラス賞、開運音楽堂 MissKaiun管理委員)、岸田メル木村ミサ(モデル、現むすびズム)、草野絵美、小林司、佐久間宣行、竹中夏海、tomad(Maltine Records主宰)、中田クルミ(モデル・女優)、中村貞裕、東佳苗(ニットデザイナー)、もふくちゃん、山戸結希、吉田豪
  • 選考協力:『FRIDAY』編集部、『ViVi』編集部
  • 応募者数約4000名、セミファイナリスト60名、ファイナリスト41名(うち応援サイトWeb上位10名)


ミスiD(アイドル)2015
ミスiD2015グランプリ金子理江水野しず
ミスiD2015黒宮れい近藤那央篠崎こころ(プティパ -petit pas!-)、都丸紗也華FYT)、緑川百々子(応援サイトWeb投票1位)、山田愛奈来夢
すべての女の子はアイドルである賞ファンタジスタさくらだ深海誉閃光プラネタゲート
個人賞[13]大郷剛賞・Tomad賞:中嶋春陽ジュネス☆プリンセス)、木村ミサ賞・竹中夏海賞:マーシュ彩(White Lace)、青山裕企賞:新井希美、東佳苗賞:甘夏ゆずバンドじゃないもん!)、安藤美冬賞:鈴木マリ、うしじまいい肉賞:篠崎こころ(※ミスiD2015と同時受賞)、大森靖子賞:桃香(当時Peach sugar snow)、加藤一華賞:井上苑子、岸田メル賞:天川宇宙(宇宙戦士ちゃん)、草野絵美賞:祝茉莉(ひめむすひ)、小林司賞:筒井のどか、佐久間宣行賞:伊藤麻希(LinQ)、中田クルミ賞:桝渕祥与、もふくちゃん賞:山本正華、山戸結希賞:堀越千史、吉田豪賞:楠みゆう(当時Sweet★Pastel)
アマテラス特別賞ヲガワササノ
その他のファイナリスト大原由衣子、奥村真友里(ひめキュンフルーツ缶)、工藤えりな(2015年1月にケドナニカ?に加入、同年8月末解散)、小宮一葉、咲村良子(現Phantom Voice)、鈴木えりか(PPP! PiXiON)、永野倫子、雛形羽衣(秋葉原ディアステージ)、前坂美結、増澤璃凜子みきちゅ、ミシェルアヤミ、矢川葵(のちにMaison book girl)、莉南
その他の著名なセミファイナリスト[2]伊藤桃、三条香月(当時CAMOUFLAGE)、のーでぃ、松川菜々花(FYT)[14]真奈水沢アリー、白川卯奈(ミスFLASH2016ファイナリスト)[15]


  • このほか、選考過程で落選した はのはなよが吉田豪の「個人賞をあげたかった」とのひとことから「ミスiD2015 吉田豪賞(非公式)」を名乗っている[16]。はなよはミスiDカフェ、ミスiDの部屋、ミスiDフェスなどといった関連イベントにも出演している。ミスiD2016にも応募、ファイナリストに選ばれている。
  • また、ぱいぱいでか美も書類審査後の面接で落選している[17]




ミスiD2016[編集]

2015年、小林が第一事業局第一戦略部に異動、ミスiDを専任で担当することになった[18]

選出方法に変更が加えられ、Twitterでの投稿内容、CHEERZのCHEER数、アー写.comの写真売上、YouTube動画の再生回数、選考委員の印象点を加味した総合点によりファイナリスト進出者を決定。但し、CHEERZ・アー写.comそれぞれ上位10名は無条件でファイナリスト入り。また、ファイナリストの中から、CHEERZ・アー写.com・YouTubeのポイント合計で1位となった者は無条件でミスiDを受賞。

2015年9月25日にセミファイナリスト、10月23日にファイナリスト、11月27日に各賞が発表された。ミスiD2016グランプリはミスiD2016受賞者9人の中から2016年1月17日に行われるお披露目イベントで発表される予定[19]

  • 応募資格:1980年4月2日 - 2004年4月1日生まれの女性。国籍、プロ・アマ、既婚・未婚などは不問。グラビア、女優、モデル、歌、ダンス、文学、漫画、アニメ、ゲーム、コスプレ、イラスト、詩、エッセイ、スポーツ、政治、哲学、写真、ファッション、デザイン、料理、作詞作曲、DJ、自撮り、その他自分の好きなジャンル、こだわり、表現を持っていること。誰かと似てないなにかがあること[20]
  • 応募期間:2015年7月1日 - 2015年8月9日
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、市川紗椰、大郷剛、大森靖子、岸田メル、小林司、佐久間宣行、ジェンファン(「Jenny Fax」デザイナー)、根本宗子(脚本家、「月刊「根本宗子」」主宰)、東佳苗、ファンタジスタさくらだ、吉田豪、やついいちろう、山崎まどか、山戸結希、山内マリコ
  • 応募者約4000名、セミファイナリスト114名、ファイナリスト61名。


ミスiD2016
ミスiD2016Iris、一ノ瀬みか(神宿)、菅本裕子(元HKT48)、大望、長澤茉里奈(放プリユース、ポイント1位)、藤野有理、保紫萌香、弓ライカ、ロカ
I♥JAPAN賞愛美菜デュジャン、VIENNA、林家つる子
私だけがいない賞すみれ
実行委員長特別賞南菜生(PassCode
個人賞青山裕企賞:瀬戸悠木、安藤美冬賞:町田彩夏、市川紗椰&東佳苗賞:祷キララ、大郷剛賞:堀井仁菜、大森靖子賞:中尾有伽、岸田メル賞:天音ほのか、佐久間宣行&シュエ・ジェンファン賞:葉月、ファンタジスタさくらだ賞:中尊寺まい(ベッド・イン)、根本宗子賞:さぃもん、やついいちろう賞:空野青空、山内マリコ賞:川村安奈、山崎まどか賞:annie the clumsy、吉田豪賞:丸山ゆか(丸山夏鈴の妹)[21]
CHEERZ賞中尊寺まい、柚餅子みこ、SHO-NO
アー写.com賞natsuki(エレクトリックリボン
ファイナリスト石川夏海(アキシブproject)、石塚汐花(アイドルカレッジ)、沖本蒼奈(マボロシ可憐GeNE)、尾崎桃子、上条なずな、工藤ちゃん、菜田彩佳(青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、齋藤里菜、サオリリス末永みゆ、SENA、たらを、長澤真彩、ナギノエナ、7A、乃亜、羽田朱里、はのはなよ、日乃まそら、姫川風子(ジュネス☆プリンセス)、ひらく、ぷりんちゃん、まきろん。、真中のぞみ(プティパ -petit pas!-)、柳統子、山下優奈、山田如凜(元青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、結城リナ、李南希、りさこ、瑠花
著名なセミファイナリスト[2]あんず(元あヴぁんだんど)、麻生智世(ウルトラガール)、井本まほ(ミスiD2014セミファイナリスト)、栗山夢衣、佐藤優香(フラップガールズスクール)、鈴木真実(元アリス十番)、瀧山あかね、長谷川愛里(乙女新党)、星なゆた(あヴぁんだんど)、町田有沙松永有紗、真奈(ミスiD2015セミファイナリスト)、山口愛実

ご存知小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)による当ブログのパクリ行為は、当ブログの画像をファイルネームそのままに使用した誰の目にも明らかな例もあれば、ちょっとした表現の一致程度の小さなパクリまで、多岐にわたり幅広く行われていたようです。

いずれにしても、当時一般的にさほど多くの言及がされていないと思われる同じ人物への同じお題(映画、テレビ番組、CM、MV、雑誌、など)に対して同じ記述をするというパクリであり、偶然の一致と言い逃れできないほどの数に上ります。

そしてそれらの記事は当然のことながら全て、当ブログより後に書かれています。





気になる女の子⑧ 宗田淑 - 24Hours妄撮LIFE / TSUKASA KOBAYASHI | BLOG | TRANSIT GENERAL OFFICE INC.
http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/2011/03/post-999.php
(2011/03/10)

より引用


気になる女の子⑧ 宗田淑 (March 10, 2011)

先週号の「週プレ」で神グラビアを披露してた

逢沢りな

(いいグラビアだったなあ...)


去年、おととしとCMガールを務めていた

ウナコーワ


history_img03.jpghistory_img02.jpg






過去にも


ダルビッシュ紗栄子、辰巳奈都子、北乃きい、足立梨花....と


錚々たる女の子が名を連ねる

この隠れた女子CMブランド


今年の虫さされシーズンを前に


ついに「初代ウナガール」を決めるオーディションを

オフィシャルサイトでやっている。


20110215-00001535-yj_corptrend-000-97744200-view.jpg





その3/14までやっている投票で

現在1位をキープしてるのが


宗田淑(むねだ しゅく)。

big_photo19.jpg


通称 "しゅくたん"




つい最近、


ずっと務めていた「ラブベリー」を卒業したばかりの

16歳のティーンモデル。

Image1278.jpg


ほんとに16歳ですか?





なんと言っても


その他大勢のラブベリーナ

(ラブベリー専属モデルのこと)と違うのは


淑女になるようにという

麗しい両親の希望のもとに名付けられた名前の通り


高1とは思えぬ

地に足の着いた佇まい


うかつに「可愛い」なんて言うのを躊躇うほどの

クラシックな美形っぷり





いま隠れた

ネクストブレイク・ガールの宝庫とも言える


NHKの教育バラエティ「テストの花道」

「勉強クラブ」=BENBUの部員としても出演中。



これはそのスピンオフ番組「テストの寄り道」ですが


49566410.jpg



ほら、ひとりだけ淑女!!

49566398.jpg



周囲とは(ヒガリノちゃんとか可愛いんだけどね)


あきらかに属性が異なる空気感を醸し出し



よわい16にして

躊躇うことなく「麗しい」という

形容詞をチョイスさせる




それこそ一昔前なら


天地茂の「江戸川乱歩美女シリーズ」

ヒロインすら最高に似合いそうなクールでエロい美貌。

bijoseries05_01.jpg





16歳にして昭和の香り漂う美女


しゅくたんの行く末を

shukuD.jpg




ぼくは息を殺して見守るつもりです。






まずはとりあえず

ウナガール争奪杯の行方に注目。




激戦必死の投票は14日まで

http://unagirl.jp/ で実施中。






これはたぶんウナガールをなにかリハウス的な登竜門系だと勘違いされたのではないかと推測できますが(そういったある種の権威に弱いようです)、ここでも、


「淑女になるように」という
麗しい両親の希望のもとに名付けられた名前の通り



と、wikipediaに記載されているままの人物像・エピソードを披露しています。
wikipedia参照のウンチクで博識ぶるというのもお得意の手法のようですね。




↓パク
小林司@ミスiD/妄撮P(@mosatsu_p)のパクリブログ(2011/03/10)



↓ラレ
当ブログ(2010/12/23)




パクリ事例その2 においても、同一番組の同一キャプチャ画像に対して「ホラー」という全く同じ単語を用いたネタを披露するというパクリ例を示しましたが、このようなパクリを駆使して多数の目利き自慢?記事が書かれています。

また、コピー&ペーストしているわけではないため、次の例のように改変されている場合も多いようです。

(つづく)







小林司
編集者/妄撮P

講談社編集者/妄撮P/ミスiD実行委員長。カメラマンTommy氏とのコンビで手がける「妄撮®」シリーズから『水原希子フォトブック KIKO』『二階堂ふみフォトブック 進級できるかな。』『玉城ティナフォトブック Tina』まで、女の子もの書籍などを幅広く手がけ、2012年「ミスiD」を立ち上げる。
ミスiD2013、2014、2015選考委員





ミスiD - Wikipedia


歴代受賞者[編集]


ミスiD2013[編集]



ミスiD(アイドル)2013
ミスiD2013グランプリ玉城ティナ
ミスiD2013大場はるか(2014年8月にdropに加入)、夏江紘実木下綾菜さんみゅ〜)、塚本波彩西田藍
その他のファイナリスト天野麻菜安藤遥AppleTale)、入矢麻衣乙川郁笠原美香小池花瑠奈、杉山志穂 改め小鳥遊しほ、ソニア、谷一歩星名里香松尾和松雪ななゆづか姫脇山愛
その他の著名なセミファイナリスト[2]青山あみ(当時「青山亜美」)、井澤愛巴内野未来、小森未彩(A応P)、丸山夏鈴水城るな




ミスiD2014[編集]

この年より、応援サイトWebでの投票で1位になった候補者は無条件でミスiDに選出されることに改められた。また、小林が副編集長に就任[3]した『FRIDAY』誌上で受賞者が発表されている。

  • 応募資格:1981年4月1日 - 2001年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
    • 中村インディアは既婚者であることを隠して応募したため本来なら応募資格を満たさないが、最終選考で是非を問うという形になった[4]
  • 応募期間:2013年3月22日 - 2013年5月13日
  • 受賞者発表:2013年9月20日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青柳文子安藤美冬今泉力哉、大郷剛、草野絵美、小林司、佐武宇綺9nine、ミスマガジン2009読者特別賞、『開運音楽堂』番P[5])、島田陽一、少年アヤちゃん(「サゲマンJAPAN」代表)、竹中夏海、玉城ティナ、丹羽多聞アンドリウ、中村貞裕、夏野元嗣(エイジアハウス代表取締役、「Cure」編集長)、ヒャクタロウ、もふくちゃん、山崎まどか、柚木麻子吉田豪、レナ(バニラビーンズ
  • 応募者数2714人、セミファイナリスト51名、ファイナリスト35名(応援サイトWeb上位10名、選考委員選出20名)


ミスiD(アイドル)2014
ミスiD2014グランプリ蒼波純(2013年12月10日に受賞時の名前である「青波純」から改名)
ミスiD2014稲村亜美児山さくら寺嶋由芙(応援サイトWeb投票1位、元BiS)、マチルダ、本宮初芽渡賀レイチェル(2014年10月30日に受賞時の名前である「レイチェル」から改名[6]。それ以前からも「わたしがレイチェル」名で活動)
明日のアイドルの話をしよう賞中村インディアひのあゆみ(ひめむすひ)、細川唯
個人賞安藤美冬賞:木村仁美、今泉力也賞:京佳夢みるアドレセンス)、大郷剛賞:新田藍奈、佐武宇綺賞:河内美里、少年アヤちゃん賞:傳谷英里香ベイビーレイズ)、ヒャクタロウ賞:寺田御子(2014年に受賞時の名前である「藤井さやか」から改名[7])。山崎まどか賞「ユキサク」:水尻ユキ真山朔、柚木麻子賞:文月悠光、吉田豪賞:金子織江、レナ賞:山崎春佳、竹中夏海賞:石崎日梨
アマテラス特別賞加藤一華(元ステーション♪)、寺嶋由芙、細川唯、荒野もゆ小野紗也香新垣こづ枝
その他のファイナリスト小野口真央木村葉月小瀬田麻由小林リズム静麻波末永唯子、宗本花音里(のちにMaison book girlを結成、その後脱退)、奈々瀬宮澤咲希
その他の著名なセミファイナリスト[2]井元まほ(当時「井元真帆」)、喜多陽子




ミスiD2015[編集]

2014年8月1日発売の『FRIDAY』誌上で2015セミファイナリスト・60名が発表され[8]、翌8月2日の『東京アイドルフェスティバル2014』の「ミスiD2013-2015」ステージでお披露目された[9]

受賞者発表は当初2014年9月19日だったが[10]、グランプリ選出をめぐり議論が紛糾、追加審議を行った[11]ことから翌週に延期となった。

  • 応募資格:1982年4月2日 - 2002年4月1日生まれの未婚女性。プロ・アマは不問。
  • 応募期間:2014年4月22日 - 2013年6月9日
  • 受賞者発表:2013年9月26日発売『FRIDAY』にて発表。
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、うしじまいい肉、大郷剛、大森靖子加藤一華(ミスiD 2014アマテラス賞、開運音楽堂 MissKaiun管理委員)、岸田メル木村ミサ(モデル、現むすびズム)、草野絵美、小林司、佐久間宣行、竹中夏海、tomad(Maltine Records主宰)、中田クルミ(モデル・女優)、中村貞裕、東佳苗(ニットデザイナー)、もふくちゃん、山戸結希、吉田豪
  • 選考協力:『FRIDAY』編集部、『ViVi』編集部
  • 応募者数約4000名、セミファイナリスト60名、ファイナリスト41名(うち応援サイトWeb上位10名)


ミスiD(アイドル)2015
ミスiD2015グランプリ金子理江水野しず
ミスiD2015黒宮れい近藤那央篠崎こころ(プティパ -petit pas!-)、都丸紗也華FYT)、緑川百々子(応援サイトWeb投票1位)、山田愛奈来夢
すべての女の子はアイドルである賞ファンタジスタさくらだ深海誉閃光プラネタゲート
個人賞[13]大郷剛賞・Tomad賞:中嶋春陽ジュネス☆プリンセス)、木村ミサ賞・竹中夏海賞:マーシュ彩(White Lace)、青山裕企賞:新井希美、東佳苗賞:甘夏ゆずバンドじゃないもん!)、安藤美冬賞:鈴木マリ、うしじまいい肉賞:篠崎こころ(※ミスiD2015と同時受賞)、大森靖子賞:桃香(当時Peach sugar snow)、加藤一華賞:井上苑子、岸田メル賞:天川宇宙(宇宙戦士ちゃん)、草野絵美賞:祝茉莉(ひめむすひ)、小林司賞:筒井のどか、佐久間宣行賞:伊藤麻希(LinQ)、中田クルミ賞:桝渕祥与、もふくちゃん賞:山本正華、山戸結希賞:堀越千史、吉田豪賞:楠みゆう(当時Sweet★Pastel)
アマテラス特別賞ヲガワササノ
その他のファイナリスト大原由衣子、奥村真友里(ひめキュンフルーツ缶)、工藤えりな(2015年1月にケドナニカ?に加入、同年8月末解散)、小宮一葉、咲村良子(現Phantom Voice)、鈴木えりか(PPP! PiXiON)、永野倫子、雛形羽衣(秋葉原ディアステージ)、前坂美結、増澤璃凜子みきちゅ、ミシェルアヤミ、矢川葵(のちにMaison book girl)、莉南
その他の著名なセミファイナリスト[2]伊藤桃、三条香月(当時CAMOUFLAGE)、のーでぃ、松川菜々花(FYT)[14]真奈水沢アリー、白川卯奈(ミスFLASH2016ファイナリスト)[15]


  • このほか、選考過程で落選した はのはなよが吉田豪の「個人賞をあげたかった」とのひとことから「ミスiD2015 吉田豪賞(非公式)」を名乗っている[16]。はなよはミスiDカフェ、ミスiDの部屋、ミスiDフェスなどといった関連イベントにも出演している。ミスiD2016にも応募、ファイナリストに選ばれている。
  • また、ぱいぱいでか美も書類審査後の面接で落選している[17]




ミスiD2016[編集]

2015年、小林が第一事業局第一戦略部に異動、ミスiDを専任で担当することになった[18]

選出方法に変更が加えられ、Twitterでの投稿内容、CHEERZのCHEER数、アー写.comの写真売上、YouTube動画の再生回数、選考委員の印象点を加味した総合点によりファイナリスト進出者を決定。但し、CHEERZ・アー写.comそれぞれ上位10名は無条件でファイナリスト入り。また、ファイナリストの中から、CHEERZ・アー写.com・YouTubeのポイント合計で1位となった者は無条件でミスiDを受賞。

2015年9月25日にセミファイナリスト、10月23日にファイナリスト、11月27日に各賞が発表された。ミスiD2016グランプリはミスiD2016受賞者9人の中から2016年1月17日に行われるお披露目イベントで発表される予定[19]

  • 応募資格:1980年4月2日 - 2004年4月1日生まれの女性。国籍、プロ・アマ、既婚・未婚などは不問。グラビア、女優、モデル、歌、ダンス、文学、漫画、アニメ、ゲーム、コスプレ、イラスト、詩、エッセイ、スポーツ、政治、哲学、写真、ファッション、デザイン、料理、作詞作曲、DJ、自撮り、その他自分の好きなジャンル、こだわり、表現を持っていること。誰かと似てないなにかがあること[20]
  • 応募期間:2015年7月1日 - 2015年8月9日
  • 選考委員:青山裕企、安藤美冬、市川紗椰、大郷剛、大森靖子、岸田メル、小林司、佐久間宣行、ジェンファン(「Jenny Fax」デザイナー)、根本宗子(脚本家、「月刊「根本宗子」」主宰)、東佳苗、ファンタジスタさくらだ、吉田豪、やついいちろう、山崎まどか、山戸結希、山内マリコ
  • 応募者約4000名、セミファイナリスト114名、ファイナリスト61名。


ミスiD2016
ミスiD2016Iris、一ノ瀬みか(神宿)、菅本裕子(元HKT48)、大望、長澤茉里奈(放プリユース、ポイント1位)、藤野有理、保紫萌香、弓ライカ、ロカ
I♥JAPAN賞愛美菜デュジャン、VIENNA、林家つる子
私だけがいない賞すみれ
実行委員長特別賞南菜生(PassCode
個人賞青山裕企賞:瀬戸悠木、安藤美冬賞:町田彩夏、市川紗椰&東佳苗賞:祷キララ、大郷剛賞:堀井仁菜、大森靖子賞:中尾有伽、岸田メル賞:天音ほのか、佐久間宣行&シュエ・ジェンファン賞:葉月、ファンタジスタさくらだ賞:中尊寺まい(ベッド・イン)、根本宗子賞:さぃもん、やついいちろう賞:空野青空、山内マリコ賞:川村安奈、山崎まどか賞:annie the clumsy、吉田豪賞:丸山ゆか(丸山夏鈴の妹)[21]
CHEERZ賞中尊寺まい、柚餅子みこ、SHO-NO
アー写.com賞natsuki(エレクトリックリボン
ファイナリスト石川夏海(アキシブproject)、石塚汐花(アイドルカレッジ)、沖本蒼奈(マボロシ可憐GeNE)、尾崎桃子、上条なずな、工藤ちゃん、菜田彩佳(青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、齋藤里菜、サオリリス末永みゆ、SENA、たらを、長澤真彩、ナギノエナ、7A、乃亜、羽田朱里、はのはなよ、日乃まそら、姫川風子(ジュネス☆プリンセス)、ひらく、ぷりんちゃん、まきろん。、真中のぞみ(プティパ -petit pas!-)、柳統子、山下優奈、山田如凜(元青山☆聖ハチャメチャハイスクール)、結城リナ、李南希、りさこ、瑠花
著名なセミファイナリスト[2]あんず(元あヴぁんだんど)、麻生智世(ウルトラガール)、井本まほ(ミスiD2014セミファイナリスト)、栗山夢衣、佐藤優香(フラップガールズスクール)、鈴木真実(元アリス十番)、瀧山あかね、長谷川愛里(乙女新党)、星なゆた(あヴぁんだんど)、町田有沙松永有紗、真奈(ミスiD2015セミファイナリスト)、山口愛実

Older


人気記事ランキング
最近の記事
カテゴリー
プロフィール
author_ tenslives
about_ (趣味でやってます)
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。